乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
さて久々の児童書。「ダークホルムの闇の君」の続編です。

グリフィンの年〈上〉 (創元ブックランド)グリフィンの年〈上〉 (創元ブックランド)
(2007/12)
ダイアナ・ウィン ジョーンズ

商品詳細を見る


魔術大学では何ひとつうまくいっていなかった。赤字はかさむいっぽう。学費を値上げしたせいで、逆に入学者の数まで減ってしまう始末。大学の運営を任された若手の魔術師たちは、赤字減らしに四苦八苦。苦しまぎれに新入生の父母に寄付をつのったのが、大騒動のはじまりだった。現代英国ファンタジーの女王が、魔法世界のキャンパスライフをいきいきと描いた、おかしな青春ファンタジー。(「BOOK」データベースより)

時代は「ダークホルム~」から8年。
しっちゃかめっちゃかだった世界が落ち着きを取り戻してきた頃。
ダークの家の末っ子が魔術大学に入学します。…が。彼女、グリフィンなんですよね。
しかもチェズニー氏の例のツアーのおかげで、学校で教える魔術師たちも、偏った魔法しか使えない状態で。しかも、魔術師大学は大赤字の連続。
入学してきた子供たちは、魔法は使えるが一癖も二癖もある子ばっかりで・・・。

という、大騒動が起きそうな話なのですが、ふたを開けてみると王道の学園青春ものです。
かっこいい教師にあこがれてみたり、友達と力を合わせて冒険したり。
種族の壁を感じずに仲良くなっていく主人公たち。

それなのにやはりいろんな人がいろんなことを考えて自分勝手に行動するおかげで、大騒動が起きるのですが。

国が荒れたあと、一番復興に時間がかかるのは学習機関かもしれない、と、考えさせられる話でもあります。
皮肉はあちこちにたっぷりこめられているのに、下品にならないのはさすが。

そして。
ラストはやっぱり大団円です!

物語はこうでなくっちゃね。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1151-4b9c01fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。