乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
お久しぶりの角田氏。

草の巣草の巣
(1998/01)
角田 光代

商品詳細を見る


家を作ってんだ、男は言った。「連れてってやるよ」―ふとした気まぐれで無口な中年男の車に乗り込んだ「私」が、あてどないドライブの果てにたどり着いた場所は…? 「今」の空気を映して話題のロード・ノベル「草の巣」と「夜かかる虹」の二篇を収録。(「BOOK」データベースより)

中編二編が入っています。
片方は「理由なく顔見知りの男の誘いに乗って遠出してしまい、帰る気をなくした」女の話で、もう片方は「わがままな妹に振り回される」女の話です。

まず、表題作、「草の巣」。最初は「こんな馬鹿な女いないって」と思いながら読みすすめましたが、なんとなく後半理解できそうな気分になってくる。だんだん流されていく女。自分で馬鹿なことをやっていると思いながら、止められない女。
いろいろな問題が決着しないままストーリーは終わるけれど、これはここしかおとしどころがないかも。

そしてもう一方、「夜かかる虹」。
自分にそっくりなのに性格はぜんぜん違って、周りの人を利用して利用して生きていく妹と、その妹に嫌悪感を持ちながら無碍に出来ない姉の話。
こんな妹は嫌だ、と思いながら読んでいくと、姉の側にも問題があることがわかる。
「あの男のどこがいいの」、この台詞が飛び出す場面、よかった。

両方、「共感出来ない」と思って読んでいるのに、だんだん理解できてくるあたりが実にいやらしい。
女性の心情を書かせたら上手いなあ、と、しみじみ。
でも読後感は悪いです。女のいやらしいところを剥き出しにされた感じ。

(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1156-3c117b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。