乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
シリーズ4作目。絶好調の一冊。

都会のトム&ソーヤ(4) 四重奏     YA! ENTERTAINMENT都会のトム&ソーヤ(4) 四重奏 YA! ENTERTAINMENT
(2006/04/25)
はやみね かおる

商品詳細を見る


究極のゲーム制作資金を集めるために、炎のテレビマン、堀越ディレクターの幽霊屋敷探検テレビに出演。そこで仕組まれた頭脳集団(プランナ)の罠(トラップ)からふたりは逃げ切れるのか!?
他にクラスメイトのピンチを救うためにマラソン大会を大脱走する短編と、栗井栄太の秘密が初めてあかされ、新たな招待状が届く章も収録され、シリーズ第4作も充実 のラインナップ。(Amazon ・出版社 / 著者からの内容紹介より抜粋)

いろんな味わいの短編を詰め込んだ、おもちゃ箱のような一冊。
究極のゲームについては一休みして、都会での冒険を主軸にした話です。

最初のころよりどんどん創也の性格が変になって言ってる気がしますが。
内人との対比がよく出てきて、いい感じです。キャラクターがたっている、というのはこういう小説のことですね。

本編に当たるのは「幽霊屋敷探検」の章ですが、めっぽう面白いのはおまけの「保育士への道」。
創也のお目付け役の卓也さんが、「すっっごく、変」なことがよくわかる短編です。
こういうので〆てしまうあたり、このシリーズは面白い。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1157-d8575684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。