乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
先月末から読んでいた大作というのはこれです。

中原の虹 第一巻中原の虹 第一巻
(2006/09/25)
浅田 次郎

商品詳細を見る


「汝、満洲の覇者となれ」と予言された貧しき青年、張作霖。のちに満洲馬賊の長となる男は、国の未来を手に入れるのか。隠された王者の証「竜玉」を求め、壮大な冒険がいま幕を開ける。人間の強さと美しさを描く中国歴史小説。 (「MARC」データベースより)


「蒼穹の昴」の続編。といっても、主人公は異なります。
「蒼穹~」の主人公はなんと言っても西太后だと思うのですが、今回は袁世凱や張作霖。歴史上の人物が続々と出てきますが、予備知識はほとんどなくても大丈夫だと思います。

諸外国から植民地として狙われる大国、清。国の形式が変わっても、人民が変わらず誇りを持って生きられるようにと願いをこめて国を滅ぼす西太后。そのあとの国のありようを探るたくさんの男たち。
人民たちが安らかに暮らせる国になりますように、という願いをこめた物語です。

なんといっても、人物描写がすばらしい。登場人物は本当に多いのですが、それぞれが個性を持って魅力的に書かれているのです。
中でも珠玉は西太后。
次の世代に、少しでもいい国を渡そうと命をすり減らして尽くす女性としてかかれています。二巻のラストは泣けました。

張作霖が長城を越えるところで物語が終わります。全編通しての主人公は張作霖だということなんでしょうが、それ以外の人物の人間ドラマのほうが面白かったかな。

(86点。「蒼穹~」「珍妃~」と続けて読んだほうが面白いかと)

二巻以降の表紙はこちら。

中原の虹 第二巻中原の虹 第二巻
(2006/11/02)
浅田 次郎

商品詳細を見る

中原の虹 第三巻中原の虹 第三巻
(2007/05/16)
浅田 次郎

商品詳細を見る

中原の虹 第四巻中原の虹 第四巻
(2007/11/06)
浅田 次郎

商品詳細を見る


四巻が好きです。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
「蒼穹の昴」もすごい話でしたが、この「中原の虹」もスケールの大きい物語ですよね。
「蒼穹の昴」は来年ドラマ化されるということで、今からとても楽しみです。
2009/12/25(金) 12:58:10 | URL | mizutani.ryoma [ 編集]
コメントありがとうございます! レス遅れですみませんm(_ _)m

> 「蒼穹の昴」は来年ドラマ化されるということで、今からとても楽しみです。

え! 知りませんでした。
それはそれは楽しみです。
2009/12/31(木) 05:45:38 | URL | 千砂(せんさ) [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1162-9ee8d115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
英雄たちが、大地を駆ける。隠された王者の証「龍玉」を求めて、壮大な冒険が、いま幕を開ける。 人間の強さと美しさを描ききった中国歴史小説、刊行開始! 「鬼でも仏でもねえ。俺様は、張作霖だ」 「汝、満州の覇者となれ」と予言を受けた貧しき青年、張作霖。のちに...
2011/01/29(土) 19:02:40 | 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。