乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
あけました。今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

さて今年の一冊目。

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る


小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。 (「BOOK」データベースより)


小劇団が舞台です。

なぜか、小劇団というのは「金にならない」ことになってますよね。そこそこ人気があって、いつも会場が満杯になるような劇団でさえ、劇団員が金銭的な報酬を得ることはほとんどありません。
この作品に出てくる小劇団、「シアターフラッグ」もまったく例に漏れず、突然退団した制作の子が「今まで赤字を補填してきた私のお金を返してください!」と言い出したものだから、さあ大変。主宰の春川巧は唯一頼りになる社会人の兄に借金を申し入れるが、その条件が「返済期限は二年。その間に劇団活動の収益で返済しろ、出来なかったら解散だ」というもの。
そもそも赤字続きな劇団だからこそ辞めてった女の子が貯金をつぎ込んで補填していたというのに、収益を上げることなんて出来るのか?

と、いう話なのですが、私の読みどころは、債権者であるところの兄の司が、だんだん劇団に夢中になっていくところです。
演劇はね、癖になるよね。
だんだんと一段一段積み上げていったものが、最後に拍手に変わる。
これはもう、常習性のあるもので、だからこそ役者さんたちはほかで生計を立てても、演劇から離れられないんでしょう。
最初はとにかく「無理ならやめろ!」だった司が、「ここをこうして・・・いやここを・・・」と悩みながら全面協力していくのは、読んでて楽しかった。

でてくるキャラクターも、おおむね有川氏お得意の、しゃきっとしたお姉さまだったり頼りない男の子だったりして、テンポよく話が進みます。

これ、面白いよ。娯楽としては一級品。

(89点。演劇に興味がない人には共感できないものかしらん、という悩みで5点マイナス)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
千砂さんのこのエントリーを読んで、シアターを買いました。
先日読み終わりましたが、とっても芝居を観に行きたくなりました。

千砂さんブログ毎日チェックしてます。
2010/02/02(火) 00:00:29 | URL | たかひろ [ 編集]
はじめまして! コメントありがとうございます!

お芝居、いいですよ。
私も観たくなりました。
小劇団はまた少し味わいが違って、面白いんですよ。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
2010/02/02(火) 01:35:18 | URL | 千砂 [ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/10/23(日) 17:53:58 | | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1169-a9843783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
年末に読んだ本の感想、ぼちぼち書いていきます。 まずは、有川浩「シアター!」から。 夜中の仕事で寝不足だったのですが、読み始めたら途...
2010/01/05(火) 20:19:37 | 心に残る本
 有川浩著、『シアター!』、読了。  スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』シリーズが図書館の貸し出し期間内に読み終わらなかったので、わしもすっかり本を読むスピードが遅くなってしまったもんじゃのう、人間、年をとりたくないもんじゃて、、、なんて思ってたん
2010/02/09(火) 22:37:02 | この世界の憂鬱と気紛れ
借金だらけの小劇団・シアターフラッグの存亡をかけた挑戦が始まる。劇団主宰の弟・巧に泣きつかれ、まっとうな社会人の兄・司が出した条件は借金の肩代わりの変わりに、2年で返済すること。それができなければ劇団を解散させるというものだった。 泣き虫で末っ子気質...
2010/04/24(土) 01:40:21 | 日々の書付
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。