乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
かれこれ一週間のご無沙汰でした。最近こんなのばっかりですね。

倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)倒立する塔の殺人 (ミステリーYA!)
(2007/11)
皆川 博子

商品詳細を見る

戦時中のミッションスクール。図書館の本の中にまぎれて、ひっそり置かれた美しいノート。蔓薔薇模様の囲みの中には、タイトルだけが記されている。『倒立する塔の殺人』。少女たちの間では、小説の回し書きが流行していた。ノートに出会った者は続きを書き継ぐ。手から手へと、物語はめぐり、想いもめぐる。やがてひとりの少女の不思議な死をきっかけに、物語は驚くべき結末を迎える…。物語が物語を生み、秘められた思惑が絡み合う。万華鏡のように美しい幻想的な物語。 (「BOOK」データベースより)

・・・ええと。
これ、YA・・・なんですね。「ヤングアダルト」って、幅が広い言葉だなあ・・・。

終戦前後の、女学院を舞台にした物語です。
作中に、何人かの少女が書き継いだ物語が挿入されていて、しかもその作品が順に並んでいるわけではないので、少し込み入った印象を受けました。

しかし、作品の雰囲気はすばらしい。
ほぼ女性しかでてこない中での人間関係、愛情と嫉妬。独特のあだ名。戦争の悲惨さ。それでいてどこか享楽的な女の子たち。
途中挿入される文学も、絵画も、まさにここにはこの作品でないと、といった作品ばかり。
非常に緻密に書かれた作品です。
作中作に出てくる人格と、現実の人格が微妙に異なるのも幻想的な雰囲気に一役買っている。
まさかあの子が「探偵役」になるとは! といった面白みも十分。

これ、なんでYAなんだろう。主人公がその年頃だから? もったいない気がします。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1180-8f8bbb22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。