乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
沙高楼綺譚の続編。しかしこちらから読んでも差し支えないかな。

沙高楼綺譚 草原からの使者沙高楼綺譚 草原からの使者
(2005/02/19)
浅田 次郎

商品詳細を見る


各界の名士が集う秘密サロン「沙高樓」。世の高みに登りつめた人々が、人生の秘事をあかしあう。 (「BOOK」データベースより)

人生を変えるほどのあの体験、しかし誰にも語れずにいたあの体験、それを交代で吐き出そう、という趣旨はそのままに、また別な一夜として書かれています。

今回は語り手がみんな俗物というか…即物的なものの考え方をする人が多いようで、前作のような人の情念を感じさせられるものが少なくなっているのが物足りない気もします。ああ、浅田次郎氏はこういう破天荒ものも得意だったなあ、と思いました。

「宰相の器」は、政治家としての出世と、人の上に立つ器とが必ずしも一致しない、というところを揶揄った作品。それでいて最後の決断は「政治家とはこういうものか」と思わせるところがあるのです。
昨今の政治家たちの顔を思い浮かべながら読みました。この決断を出来る人はいるのかしら。

「終身名誉会員」はラストに向けてばたばたと真相が明かされていくのが面白い。

全体に少し小粒。浅田氏ならもっと面白い作品はいろいろあるかと。
(78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1185-0cf2ee21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。