乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
直木賞おめでとう、ということで読んでみました。読むまで知らなかったのですが、多分これ、私の生地が舞台です。

制服捜査 (新潮文庫)制服捜査 (新潮文庫)
(2008/12/20)
佐々木 譲

商品詳細を見る


札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。十勝平野に所在する農村。ここでは重大犯罪など起きない、はずだった。だが、町の荒廃を宿す幾つかの事案に関わり、それが偽りであることを実感する。やがて、川久保は、十三年前、夏祭の夜に起きた少女失踪事件に、足を踏み入れてゆく―。警察小説に新たな地平を拓いた連作集。(「BOOK」データベースより)


例の道警の大騒動(この辺は佐々木氏の過去の作品参照)が原因で、次々と勤務地を変えられてしまう警察官たち。北海道の片隅の町で人生初の駐在所勤務をすることになってしまった主人公が、なれない中懸命に事件を解決していく様子が描かれています。

派手さのない、堅実な小説です。
こういう、まじめな警察官が、私たちの生活を支えていてくれてるんだなあ、と思いました。

連作短編になってます。
私が好きなのは「割れガラス」。
虐待を受けている男の子と、ログハウスを作りながらあちこちの現場に派遣されていく元犯罪者の男性の交流を軸に、周囲の無理解を書いた作品。ラストで主人公の川久保の、したたかな一面も垣間見えて、よく出来た短編だと思います。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1186-7b13c059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。