乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
恩田陸の長編ミステリ、と書かれていたので読んだんですが、まあそんな一筋縄でいく作家さんではないよね。

きのうの世界きのうの世界
(2008/09/04)
恩田 陸

商品詳細を見る


塔と水路がある町のはずれ、「水無月橋」で見つかった死体。一年前に失踪したはずの男は、なぜここで殺されたのか? 誰も予想できない結末が待っている!! 恩田陸が紡ぐ、静かで驚きに満ちた世界。(「BOOK」データベースより)

出だしはかなりオーソドックスなミステリ。水無川の橋の上で、男が刺されて死んでいた。凶器は見当たらない。しかも彼は一年前、突然失踪した男。いったい事件の裏側に、どんな謎が隠されているのか。

うーん…。
恩田陸氏の作品は、読んでいるときはわかっているつもりなんだけど、読み終えていざ説明しようとすると内容が指からすり抜けていく感じなんだよね。
町のあちこちで起きている怪奇現象に右往左往させられて、気がついたら物語が終わってしまっている、というか。

しかし神が降りてくるという三つの塔と、それに見守られながら閉塞的に暮らす人びと、というモチーフは魅力的でした。死んでしまった男性の「謎」がメインではなく、何故この街が舞台になったのか、何が隠されているのか、何が起ころうとしているのか、というのがメインの謎ですね。
恩田陸ファンにはたまらない世界なんだろうなあ…。

ラストの場面(というかそもそもの発端)は詩的で素敵でした。

(読んでる最中は面白いんだけどね。76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1187-1ca219a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。