乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
お久しぶり、の雫井氏。いや、作者側は本を出しているんですけどね、なかなか読むタイミングが合わなくて。

犯罪小説家犯罪小説家
(2008/10)
雫井 脩介

商品詳細を見る

新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は『凍て鶴』に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト〔落花の会〕を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め―。全篇に充ちた不穏な空気。好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス。 (「BOOK」データベースより)


これはこの脚本家の方、小野川がいかに自分勝手で、思い込みが激しくてトリッキーで、でも才能のある男だというのが上手く書けていないと面白くない話だと思うのですが、そこはよく出来ていました。こういう、人の話を聞かない思い込みの強いタイプの人、いるよね。

そして映画の脚本のために、かつて存在した自殺サイト、「落花の会」の謎を探らなければという思い込みと、それに振り回されるフリーライター、そしてうんざりとしつつ巻き込まれる原作者、という構図は面白かった。落花の会自体にも魅力があって、どうなるんだろうと思いながら読みました。

しかしラストに不満。どんでん返しにしてはちょっと唐突過ぎる気がします。後味も悪いし。

(78点。いまいち)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1192-aab15930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。