乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
リレー短編集です。こういう形式のはいくつか読んだことあるけど、これは秀逸。

9の扉 リレー短編集9の扉 リレー短編集
(2009/07/23)
北村 薫法月 綸太郎

商品詳細を見る

「猫」が「コウモリ」を呼び、「コウモリ」が「芸人」を呼ぶ!? たった一言のキーワードが次の物語へと引き継がれ、思いがけない展開を呼ぶこのリレー短編集には、冒険心と遊び心がいっぱい。個性豊かな凄腕ミステリ作家たちが勢ぞろいしたこの本には、最高に愉快な体験がつまっています。豪華執筆人によるチーム力もまた絶妙。「あとがき」までリレー形式にこだわった欲張りな一冊が出来上がりました。(amazon・内容紹介より)


リレー短編集だと、縛りが少なすぎるとただのアンソロジー風になり、多すぎると作品として面白くなくなることが多いんですよね。
この作品集の場合は、「前の人が出したお題を料理する」だけの縛りなんですが、すごく連携がいいんですよね。
前の話に出てきた脇役を主役にすえてみたり、魅力的な設定をそのまま使ってみたり。これは1作目を書いた北村薫氏より、2作目を書いた法月綸太郎氏が方向を定めたような印象がします。

和気藹々とした楽しそうな作品集なんですが、そこはそれ、ミステリ作家として名をはせるそうそうたる面々が連なっていますから、読み応えも十分でした。

一番好きなのは歌野晶午氏。オレオレ詐欺を書いた作品なんだけど、ラストに向けて二転三転する悪意がいい。

(87点!)

収録作はこちら。
『くしゅん』北村薫
→『まよい猫』法月綸太郎(お題・猫)
→『キラキラコウモリ』殊能将之(お題・コウモリ)
→『ブラックジョーク』鳥飼否宇(お題・芸人)
→『バッド・テイスト』麻耶雄嵩(お題・スコッチ)
→『依存のお茶会』竹本健治(お題・蜻蛉)
→『帳尻』貫井徳郎(お題・飛び石)
→『母ちゃん、おれだよ、おれおれ』歌野晶午(お題・一千万)
→『さくら日和』辻村深月 (お題・サクラ)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1205-286ea91a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。