乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この内容の本を最後まで読ませてしまうのはすごいと思う。

難民探偵 (100周年書き下ろし)難民探偵
(2009/12/11)
西尾 維新

商品詳細を見る

就職難民の主人公・証子が就職した先は、親戚の小説家・窓居のお手伝い。とんでもなく甘やかされた環境に、「このままではだめになる」と就職への心構えを新たにする証子。そこへ窓居の友人を名乗る男から、身元引受人の依頼が来るのだが、じつはこの男、ネットカフェ難民でありながら名探偵で・・・。

最初に書いておくと、この作品は「探偵」という言葉がタイトルについているにもかかわらず、ミステリではありません。形式的には「探偵」が「殺人事件の犯人探し」をするという、ミステリの王道なのだけど、私はこの本はミステリではないと思う。

じゃあ何か。

高望みをしたわけでも、夢を見たわけでもないのに就職できない証子。
小説だけ書いていければいい、と言い切り、徹底的にどこかおかしい窓居。
その友人で、元警視庁警視でありながら、現在ネットカフェ難民の根深。
このキャラクターは面白いと思うんですよ。どこか根本的に捻じ曲がっているところとか。でも、この人たちが化学反応を起こさない。反応してストーリーを広げていかない。現代を憂いつつ、皮肉に満ちた言葉を並べつつ、でもそこから話が発展していかない。物語としての楽しさはない。

それでもなんだかんだ最後まで読ませるのはすごいと思いますが、正直肩透かしでした。

なんとなく、きちきちと型にはめてはみ出た部分を刈り取ったらこうなりました、って話に感じました。
はみ出た部分が面白いんじゃないのかよー・・・。

(70点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1214-3fb9b5d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。