乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
タイトル長すぎ。ちゃんとブログに表示されるかしら。

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
(2008/12/05)
西尾 維新TAGRO

商品詳細を見る


平和だったはずの私立千載女学園で、不可思議かつ不可解な殺人事件が起こる。そしてそこに勤務していたのは、こともあろうか倫理教師となったあの串中弔士。病院坂迷路を巻き込んだ事件から14年。探偵ごっこの犯人捜しが再び始動。犯人は一体?!これぞ世界に囲われた「きみとぼく」のための本格ミステリー。(「BOOK」データベースより)


うーん。
シリーズ通してノベルズで購入している、唯一つの西尾維新作品なんですが、それぞれの作品で味わいがだいぶ変わるので、読んでみるまであたりかはずれか解らない・・・。

この本は、私にとって外れでした。

「連続殺人事件」なのだけど、探偵役を割り振られた人が探偵をしない。そしてつぎつぎ人が死んでいくのに、ミンナあまりショックを受けない。なんとなく話が展開して、なんとなく事件が解決する。叙述トリックとしては完成度も高くないし、そもそもミステリとしてもいまいち。

何より、登場人物に魅力がない!
「くっはーこいつこんなことやるなんて人としてありえん!」と思いつつ、なんとなく愛着がわいてしまった様刻や黒猫のような、引力を感じない。
黒猫さんが出てきたところだけ(回想だけど)嬉しかったけど、そこをのぞくと、どこをどう褒めたらいいものやら。

作家が成長して「私が読みたいもの」と「作者が書きたいもの」が離れていくことはしばしば経験済みです。
西尾維新の、勢いがあってむちゃくちゃなキャラクターがぐいぐい話を引っ張っていくストーリーが本当に本当に好きだったんだけど、ここ数年はご無沙汰です。

最終巻は黒猫さんが出てくるらしいので、それだけでも読もうと思います。

(72点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1218-276841af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。