乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この、「ミステリ・マスターズ」結構好きな本が集まってるんだった。半分くらいしか読んでないかな・・・。もう少し探してみよう。

月読(つくよみ) (本格ミステリ・マスターズ)月読(つくよみ) (本格ミステリ・マスターズ)
(2005/01)
太田 忠司

商品詳細を見る


「月読」、それは死者の最期の言葉を聴き取る異能の主。故郷を捨て、月読として生きることを選んだ青年・朔夜と、婦女暴行魔に従妹を殺され復讐を誓う刑事・河井。ふたりが出会った時、運命の歯車が音を立てて回り始める…。(「MARC」データベースより)


SFじみた設定の上に成り立っている、本格ミステリです。

SFな部分は、「人は死ぬときに『月導』というものを残す」「その月導を読み解くことができる『月読』という人たちが存在する」、この二点です。あとは私たちの世界とさほど変わらない、あえて言うなら通信機器の発展が少し遅れた世界です。

高校生の男の子が、同級生の女の子に振り回されているうちに事件に巻き込まれてしまう話と、『月読』の男性が自分の失われた記憶を探して昔滞在していた町を訪れる話とが交互に語られます。早い段階で同じ町の話だとわかるので、このふたつの話がどう交錯するのか楽しみに読みました。

・・・そうきたか!

こういうSFめいた話は、ミステリの根幹部分に「どうしてもその世界じゃないと成り立たない」と思うのです。その部分を軽々クリアして、さらにもう一段上に行かれた感じ。脱帽です。

殺人の動機にきれいごとはないと思いますが、それにしてもこの話の動機はひどい。ひどいのだけど、こういう考え方をする人、いるのかもしれない、と思わせるだけの表現があります。しかし好き嫌いは分かれるかも。
パソコンや携帯電話が普及してないことも、ストーリー上、欠かせない部分でした。

こういう話が読みたかったのよ。やっぱ私の根幹はミステリです。

(85点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
読んでみましたよ~
太田忠司の設定はとてもツボなんですが
どうも・・・何て言ったらいいのか・・・
詰めに違和感が・・・
落ちじゃなくて詰めがっっ(分かりますか??)
続編があるそうで、そちらも読んでみます
何だかんだ言っても好きな方の作家さんではあるのですが・・・うん

2010/04/15(木) 15:05:06 | URL | 桃葉 [ 編集]
すいません、太田忠司まだ3冊目なので
どういう作家さんなのかつかみきってない・・・。

ただ、叙述トリックは上手くないな、という印象はありますね。
「実はこういうことが!」っていう盛り上げ方に書けるというか・・・。
それも込みで、好きな作風の作家さんです。はい。
2010/04/17(土) 01:40:06 | URL | 千砂(せんさ) [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1220-e32946b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。