乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今日は辛口で。

極北クレイマー極北クレイマー
(2009/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

財政破綻にあえぐ極北市。赤字5つ星の極北市民病院に、非常勤外科医の今中がやってきた。院長と事務長の対立、不衛生でカルテ管理もずさん、謎めいた医療事故、女性ジャーナリストの野心、病院閉鎖の危機…。はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、医療崩壊の現場を再生できるのか。 (「BOOK」データベースより)

この人の本なら何でも好き、という方に時々出会うのだけど、私はそこまで達観できない。
そして、この本は・・・面白くない、と思うんだよね。

そもそも、人口10万をキープしている市なら、これだけ住環境が貧相なことはありえない。1万、なら納得いく。うちの実家のあたりは人口6000人規模の町だが、スーパーはチェーン店含め4店舗、コンビニも同じくらいある。スーパーが一つしかなくて、どうやって10万人の口を養うというのか。その辺の実感のない人が、イメージで書いちゃったんだろうなあ、という気がする。
そしてここで引っかかりを持ってしまったからこそ、そのあとの病院内の出来事に対しても、納得が行かない。
その人数がある町で、本当にこれしか病院がないのか。産婦人科があるなら小児科はどうした。いちいちみんな一時間かけて隣の町まで行くのか。小児科対象の子供だけでも、1万5千人くらいいるだろう。他の病院が市内にあるのなら、この病院がこういう状況になりうるのか。

そしてそのところを差し引いても、物語的にも納得がいかないのだ。
ぱたぱたと流れるようにストーリーが進むのはいい。読者をひきつける魅力もある。地方医療の問題点もさりげなく出されている。他の作品のキャラクターがぽろぽろとでてくるのも、ファンにとっては楽しみの一つだろう。
しかし、現在の問題に寄り添いすぎたからか、物語として上手くまとまっていない気がする。登場人物たちの性格付けも、なんかふざけているみたいで好きになれなかった。(現場の医療人はもっとまじめだ、と思う)

私はこの本を他人に薦めない。
他の本が好きで、「この人の本なら何でも読みたい!」という人だけ読んでみたら、と主張したい。

(点数なし)
追記。
おそらくモデルになった北海道の市は「夕張」。
財政破綻当時の人口は1万3千人ほどである。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1225-f348cdd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。