乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
福田氏二冊目。なかなか濃くていい作品です。

黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)黒と赤の潮流 (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2009/02)
福田 和代

商品詳細を見る



阪神大震災で祐一は両親を亡くした。何かを亡くすのは初めてではない。超高校級スプリンターだった彼は二年前に事故で引退を余儀なくされた。走れない脚は亡いも同然だ。だが、ボート仲間のタイ人青年ドゥアンが殺されたことを契機に、凍った祐一の心に火がつく。背後に浮かぶ蛇頭と孤島に住む大物財界人の影。いつしか祐一は第二の脚となった船で大海原に走り出す!「BOOK」データベースより)


福田さんはどうも、ひとりの人間を思い入れたっぷりに語る作家ではなさそうだぞ、と思った。

元陸上選手で、交通事故によりひざを壊してしまった主人公・祐一。阪神大震災で家族を亡くし、半年たった今刑事の来訪で友人ドゥアンの死を知る。そのあと、共通の友人であるタオにドゥアンの死について問い詰めに行くのだが、タオの背後に犯罪組織が見え隠れして・・・。この、タオの登場シーンがとてもいいのです。過去の『向こう側』(犯罪者側)に足を踏み入れるところだったエピソードを交えて、3人の友人関係が浮かび上がるような文章。
そのあと、関連している20年前の密輸事件や、犯罪者と関係があるらしい組織などが出てきて、込み入った人間関係の中、物語が進んでいきます。

主役以外の人物はそれほどつっこんだ書き方をしていないのですが、印象に残ります。
特に、彼に視点を合わせた場面はほとんどないにもかかわらず、話が進むほど川西が魅力的に見えてきます。
そしてラスト、何もかもが解決したわけじゃないけれど、嵐の海の中で生まれ変わったある人物の、未来に向ける視線が尊い。

青年の成長物語です。
潮の香りと、火薬と血のにおい。
それでいて、根底には友人との信頼関係が流れている、熱い物語です。

(85点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
 千砂さん、ご無沙汰しております。
 一昨日この本を読み終えて、感想を昨日のブログに載せようと思っていたのですが、先を越されてしまいました。ちょっと悔しいです。
 それにしてもよく重なりますね。不思議な感じです。
 作品に関しては、まぁまぁだったかな。派手さの割になんか小さくまとまりすぎの感じがしました。
 次は負けないように頑張ります。
2010/04/21(水) 09:56:54 | URL | ペンギン店長 [ 編集]
>ペンギン店長様
何ででしょうねえ。
この本は図書館に予約を入れてこのタイミングで読んだんですが、
それほど話題作でもないですよね、何ででしょうか。

福田さんは、舞台から退場してしまう人物に花道を作らないぞ、という感じはします。
まず物語りありきで、人物描写はその後というか。
事件が派手な割に、文章に派手さがない感じはしましたが、
そこで突き放せるのも作者の腕ですよね。

「TOKYO BLACKOUT」はいいところが出た作品だと思いました。
でもラストが少し失速するんですよね・・・。

まだこれからの作家さんだと思います。自分の道を早く見つけて、面白い本を書いてもらいたいなあと期待してます。
2010/04/22(木) 21:34:34 | URL | 千砂@管理人 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1226-c36f9d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。