乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
確かにこれは石持さんの好きそうな話だわ。

耳をふさいで夜を走る耳をふさいで夜を走る
(2008/06/17)
石持 浅海

商品詳細を見る


犯罪者目線の話といえば、「完璧に思えた犯罪計画が犯人のちょっとしたミスによって探偵に暴かれる話」という定型がありますが、この話はそれに当てはまりません。

並木直俊は、決意した。三人の人間を殺す。完璧な準備を整え、自らには一切の嫌疑がかからないような殺害計画で。標的は、谷田部仁美、岸田麻理江、楠木幸。いずれ劣らぬ、若き美女たちである。倫理?命の尊さ?違う、そんな問題ではない。「破滅」を避けるためには、彼女たちを殺すしかない…!!しかし、計画に気づいたと思われる奥村あかねが、それを阻止しようと動いたことによって、事態は思わぬ方向に転がりはじめる… (「BOOK」データベースより)


主人公の並木は、三人の女性を殺さなくてはならないと思い込んでいます。しかしそれは自分が捕まらずに達成できる条件がそろってから、のつもりでした。しかし並木は恋人に命を狙われ、彼女を殺害してしまう。これによって3人の殺害計画は、この夜中に決行しなくてはならないことになりました。彼女が先に俺を殺そうとしてた、これは正当防衛だ、そしてオレはこいつを殺害した後気絶していた、だからあの3人を殺害した犯人はオレではない、という論法で無実となるために。

この後彼が起こすいくつかの犯罪は、ミステリを読みなれている人ならいくつも穴を見つけられるほどずさんなものだし(返り血対策とか)、絶対に成功する訳がないことは解っているのですが、この話の肝はそこではない。
罪を犯す人というのはこうやって自分の都合のいいようにしか物事を考えないのかもしれない。
並木の考え方は普通ではない。どんどん視野が狭くなっていって、考え方も硬直してゆく。
心神喪失状態というのはこういうことかもしれない。
そして最後にいろんな物事が別な方向から光を当てられる、景色が一転する見事さといったら!

犯罪者サイドから描いた黒い話ですんで、あまり万人受けはしないものと思われます。
私もお勧めはしがたいですが、印象に残る話ではあります。

(71点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1232-b9d737ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。