乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
以前あちこちのブログで取り上げられていて気になっていた本が、ようやく文庫になったので即購入しました。

東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
(2010/04/24)
桐野 夏生

商品詳細を見る


清子は、暴風雨により、孤島に流れついた。夫との酔狂な世界一周クルーズの最中のこと。その後、日本の若者、謎めいた中国人が漂着する。三十一人、その全てが男だ。救出の見込みは依然なく、夫・隆も喪った。だが、たったひとりの女には違いない。求められ争われ、清子は女王の悦びに震える―。東京島と名づけられた小宇宙に産み落とされた、新たな創世紀。(「BOOK」データベースより)


無人島に31人。この面々が力を合わせて島を脱出する話、・・・ではないのである。
31人の中に、女性が一人だけ混じっていて、この島を半ば支配している、という設定なのだ。
しかもこの女、40代も半ばを超えた、いい年なのである。

温暖な島で凍える心配もなく、食物は自生しているもので賄え、野生の動物に襲われるおそれもない。安全な真水がふんだんに手に入る。こんな恵まれた環境で、堕落していくトウキョウ島の人たち。
うってかわって、香港から流れ着いた人たちはリーダーを決め、道具を手に入れ、脱出の策を練る。

そこに君臨する一人の女。

この女が実にこう、自分の欲望に忠実なのである。
人を騙し、利用し、踏みつけにして、とにかく自分だけ生き延びればいい、と考える。
いや、島民の誰もが、「まず自分が生きること」を最優先するのである。
面白い。
少しずつ精神を病んでいく登場人物の書き方も、面白い。

人の悪意を確かな筆力で書ききった良作です。
ラストはちょっと唐突な気もするけれど、こういうラストしかない気もする。

(82点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1235-a6cb2423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。