乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
今日はもう一冊。

きみが見つける物語  十代のための新名作 不思議な話編 (角川文庫)きみが見つける物語 十代のための新名作 不思議な話編 (角川文庫)
(2010/01/23)
角川文庫編集部

商品詳細を見る


このシリーズは時々読んでいるのだけど、巻を重ねるごとに執筆陣が予想から外れていくのが面白い。
今流行の作家だけでなく、名人級の作家さんが混じってるのね。

今回の執筆陣はいしいしんじ・大崎梢・宗田理・筒井康隆・三崎亜記。「今の」流行作家といえるのは三崎氏くらいではなかろうか。大崎氏といしい氏は少しネームバリューに欠けるし、残りのおふた方は今の中学生の間で話題というには少しキャリアが長すぎるような。

しかし今回の私のヒットはなんと言ってもいしいしんじ氏の「すげかえられた顔色」なのです。
もともとこの話が収録されている短編集も読んだことがあるのだけど、圧倒的なイメージの奔流に流れされて強い印象がなかった話。
だけどこれ一編だけ読むと、ぞくりと怖い、怪談のような話。
それでいてなんとなく詩的な、切り絵のようなモノトーンの情景が浮かび上がるような・・・。
私、この作家さん好きだわ、と再実感。

大崎氏と三崎氏のも既読。

(75点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1236-15a7ac3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。