乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ああ、今月も終わりか(大焦り)。

千年の黙 異本源氏物語 (創元推理文庫)千年の黙 異本源氏物語 (創元推理文庫)
(2009/06/25)
森谷 明子

商品詳細を見る


帝ご寵愛の猫はどこへ消えた?出産のため宮中を退出する中宮定子に同行した猫は、清少納言が牛車に繋いでおいたにもかかわらず、いつの間にか消え失せていた。帝を虜り左大臣藤原道長は大捜索の指令を出すが―。気鋭が紫式部を探偵役に据え、平安の世に生きる女性たち、そして彼女たちを取り巻く謎とその解決を鮮やかに描き上げた絢爛たる王朝推理絵巻。(「BOOK」データベースより)


源氏物語の新解釈ではなく、源氏物語を書いた人たちにスポットを当てた作品です。
といっても主人公は「紫式部」ではなく(そもそもこの名称は一度も作中に出てこない)、彼女の身の回りを世話するあてき。童の頃から恋をして結婚して子供を生んで、あてきの成長物語としても読めます。

が、本筋はミステリ。いなくなった猫の行方は、何故源氏物語が一巻だけ紛失したか、など日常の謎系ですね。一編一編読んでも面白いですが、通して読むと最後の章にいろんな話が集約してきていてなるほど、といった感じ。

作品のイメージとして、作家は女性。それも30代くらいの、既婚・出産経験あり。初恋の初々しさ、母が子供にかける愛情、どれも決め細やかに書いてあります。そこも好印象。

源氏物語は知らなくても読めると思いますが、いくらか時代背景を知っていた方が読みやすいかも。中学校レベルで十分ですが。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1240-f6178c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。