乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
タイトルと表紙にひかれて読んでみました。

トワイライト・ミュージアム (講談社ノベルス)トワイライト・ミュージアム (講談社ノベルス)
(2009/05/08)
初野 晴

商品詳細を見る


天涯孤独な少年・勇介は、急逝した大伯父・如月教授が遺してくれた博物館で秘密裏に行われているあるプロジェクトの存在を知る。それは―脳死患者と時間旅行を研究する極秘実験。過去を彷徨う魂を救うため、勇介は学芸員・枇杷とともに、過酷な時の旅へと出発する!注目の著者が放つ新感覚タイムトラベル・ミステリ。 (「BOOK」データベースより)


うーん、うーん、題材はね、いいと思うんです。
精神だけタイムスリップしてしまった人を連れ戻すために過去の世界にダイブする女性と、彼女の命綱の少年。少年にはどうしても、タイムスリップしてしまった人を取り戻したい理由がある。こういう純粋な話と、中世ヨーロッパの魔女狩りを上手く絡めて、まとまりよく、しかしほんのり苦く、大団円だけどまだ完結ではない、という終わり方。
少年の性格もけなげでかわいいし、少女のどこか不安定なところもよく書けている。
もう少しコンパクトにまとまったほうが面白いかもな、とも思いましたが、欠点というほどのことでもなし。
脇役キャラも、それぞれに味わいがあってこれ1作で終わるにはもったいないな、と思いました。

しかし、このタイトルはいただけない・・・。
内容を暗示させるとはいいがたい気がします。シリーズになるのなら共通タイトルはこれでもいいけどね。

(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1246-50437aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。