乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
悦楽の園がすごくよかったので、次に何をかいても上手くいかず、間が空いてしまいました。

コロヨシ!!コロヨシ!!
(2010/02/27)
三崎 亜記

商品詳細を見る


20XX年、掃除は日本固有のスポーツとして連綿と続きつつも、何らかの理由により統制下に置かれていた。高校で掃除部に所属する樹は、誰もが認める才能を持ちながらも、どこか冷めた態度で淡々と掃除を続けている。しかし謎の美少女・偲の登場により、そんな彼に大きな転機が訪れ―。(「BOOK」データベースより)


青春小説も書くんだ! というのが第一の感想です。
スポーツ少年の挫折、出会い、淡い恋、正体不明な顧問、練習と成長、という普通のスポーツ小説と骨格は一緒ながら、なんともいえない味わいになっているのはその競技が「掃除」だからでしょう。

といっても普通の掃除とは違って、くまでのような掃除用具の棒を用いて規定空間内にある塵芥をいかに美しく舞い散らせ、いかに完璧に片付けるかという競技で、テニスなどのラケットを使った競技に近い要素もあり、新体操などの道具を使った競技に近い要素もあり、しかしまったく架空の世界でまったく架空の競技なのです。

そして「掃除」は政府の管理下にある競技で、常に監視の目があります。主人公の祖父はその関係で失踪したらしく、自宅では「掃除」関係の話はご法度。そんな環境下で禁止されている幼い頃からこっそり掃除をやってきた樹が全国大会を目指すのがメインストーリー。

様式は王道のスポーツものですが、作中にまぶされている「異民族」「弾圧と反発」などのモチーフは、今までの作品に通じるところがあるかな。

正直、最初は競技の具体的なイメージがわかなくてとっつきにくい感じもしたんですが、どんどん加速して面白くなっていきました。
ラストの終わり方が納得いかないし、まだ隠されている部分もあるのですが、それはかかれるらしい次回作に着たいということで。

(88点! 楽しんで読みました)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1251-02a41731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
小説「コロヨシ!!」を読みました。 著書は 三崎 亜記 高校生による部活スポーツ青春モノ とはいえ そのスポーツは 「掃除」・・・ やはり 三崎さんだけあっ...
2010/09/18(土) 22:47:29 | 笑う学生の生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。