乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
森谷さんの本は入手が難しいんだよねー。

七姫幻想 (双葉文庫)七姫幻想 (双葉文庫)
(2009/01/14)
森谷 明子

商品詳細を見る


寵姫の閨でなぜ大王は死んだのか? 遥か昔から罪の匂いをまとってきた美しい女たちがいる。時代を経てなお様々に伝わる織女伝説をモチーフに、和歌を絡めながら描く七編の連作ミステリー。(出版社 / 著者からの内容紹介より)


織姫の異名を章タイトルにした、連作短編、7編。
古代大きな力を持っていた「織姫」の物語から、だんだん時代が降りてきて、王朝時代あたりまで続きます。清少納言などの有名な人物もちらりと出てくるのだけど、どのくらい史実に沿っていてどのくらいが森谷氏の創作なのか解らない自分が悔しい。

そして、それぞれの物語が「歌」に添う形になっています。
形式の整った和歌だったり、神楽歌だったりとさまざまですが、本編を読み終えて歌を読み直すとこう解釈したのか、と感心するばかり。
全体に悲恋の話ですが、駆け引きをする女性もいたり、自分を犠牲にして想う人の生を祈る女性もいたりとさまざまです。
それぞれの話にいろんな謎が絡んできますが、謎解きものとして読むより物語として楽しんだほうがいいと思います。美しいイメージの連続ですよ。

(78点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1254-9921ecba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。