乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
私が一番多く読み返している本はこれではないかな、と。

ラビリンス(迷宮) (徳間文庫)ラビリンス(迷宮) (徳間文庫)
(1987/12)
新井 素子

商品詳細を見る


村の誰よりもすぐれた身体能力を持つサーラと、神官の娘で誰よりも聡明なトゥード。「人を喰らう」という「神」の生け贄になるために、2人は迷宮へと向かう。サーラは道具として生きる人生に別な答えを出すために、トゥードは神の持っている知識を分け与えてもらうために。2人が出会った神は、実は人工的に生み出された生き物で…。


遠くに売られていく運命よりも、神と戦って生きのびられる可能性に賭けるサーラ。神が知っているはずの膨大な知識を得られるのなら、死んでもいいと思うトゥード。彼女たちが神への生け贄になるところから物語が始まります。
まずこの、与えられなかった人生を掴み取るために命をかける少女たち、というモチーフが好きなんですね。無鉄砲で、真剣で、ちょっと向こう見ずな少女たち。

そして神と彼女たちは出会い、戦うことになります。結果は神の圧勝。しかし、神は彼女たちを殺すことよりも、逃げて欲しいと訴えます。
なぜなら、彼女たちが目の前にいると、「喰いたい」という欲望を抑えきれなくなるから。理性では人を食べたくなどないのに。

しかしトゥードの願いもあって、怪我をした神と、サーラと、トゥードは、怪我が治るまで一緒に暮らすことになります。
迷宮という閉鎖された空間の中で、「喰うもの」と「喰われるもの」、「教わるもの」と「教えるもの」、「狩るもの」と「狩られたいと願うもの」の幾重にも重なり合った感情のやり取りの、緊迫した雰囲気も好き。

そしてこの作品については、なんと言っても「神」の性格設定がいいと思うのです。欲望と理性との狭間で悩みながら死ねずにいる人。ゆがませたいという欲望と、教えたいという喜びと、相反する感情のゆれの中で自分は何のために生きているのかと悩み続けるような人。

怪我が癒える日はやってきます。そのとき、三者は再び人生の選択に迫られます。

ネタバレかも知れないのですが、この作品の舞台が「密室」ではなく、「迷宮」であることに大きな意味があるのです。迷路なら抜け出ることが出来るのです。そして、新井素子の描く登場人物たちは、決して不幸になるための決断をしない。

最後の場面は印象的です。


この本がもう、好きで好きで。私が今もっているのはこの徳間文庫の初版本です。いろんな本を手放してきましたが、この本だけは処分しようと考えたこともなかった。
「ディアナ・ディア・ディアス」も好きです。「扉を開けて」は今読むとちょっと文章が苦しいのですが、それでも大好きな物語です。

この世界の物語はもうつづられないんでしょうね、残念ですが。

(点数はつけられません。好きすぎて)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/08(金) 01:02:36 | | [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1260-614bec7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2014/04/03(木) 14:36:27 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。