乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
久しぶりに荻原氏の情けない系の長編。

オイアウエ漂流記オイアウエ漂流記
(2009/08/22)
荻原 浩

商品詳細を見る


塚本賢司、28歳。接待出張で乗り合わせた飛行機が遭難し、なんと、流れ着いたのは水も火もないポリネシアの孤島!! 賢司をコキ使う上司たち、スポンサー企業の御曹司、挙動不審な新婚カップル、小学生とそのじっちゃん、怪しいガイジン。あり得ないメンバー10人での毎日は、黒~い本音も秘密の過去も、隠しきれない生活だけど…。 (「BOOK」データベースより)


登場人物が、どうにもこうにもダメなヤツばっかりなのです。

飛行機が落ちて島に流れ着いたというのに、一番部下をこき使うばかり。せっかく非常用ボートに積んであった水も非常食も流してしまう。救助がすぐ来ると信じ込んでいて、せっかく確保できた水もあっという間に飲んでしまう。
…という、なんとも情けないところからはじまります。

そもそもでてくるのが結婚に不満を持つ夫婦だの、冥土の土産に戦争にいった島をもう一度見に来た時々いうことがおかしくなるおじいさんだの、そのおじいさんの世話を押し付けられた子供だの、金持ちのぼんぼんと彼におべんちゃらを使うことに腐心しているサラリーマンだの、どうにも情けない人たちばかりなのです。

それでも救助が来ないことを悟ってからの彼らは強かった。
気候に恵まれていたことも幸いして、食べられる果実を確保。試行錯誤の末火をつける。調味料は塩しか作れないものの、魚を釣ったり、小動物を捕まえて食べるものを確保する。
行き違いがあったり、失敗があったりしながら、何とかかんとかささえあって生きていく。

暗い場面のほとんどない、ユーモアにあふれる話。こういうゆるい話は意外と書きにくいと思います。
頑張れ、頑張れ、と応援したくなるような本でした。
読後感もいい。

(83点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1264-14b565a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。