乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
お久しぶり、の第6巻。

都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ (YA!ENTERTAINMENT)
(2008/09/30)
はやみね かおる

商品詳細を見る


創也が内人をお家へご招待!?ダージリンティーでもいれて、二人で優雅にティータイム…といくはずがとんでもないことに―。(「BOOK」データベースより)


そもそも創也が何のたくらみもなく自分の家に内人を呼ぶわけもないわけで、しかもあの手この手を使って何が何でも彼を呼ぼうとしているところがすでに怪しい。

案の定、アルバイトとしてセキュリティを突破するように言われた内人。このセキュリティがまたそんなのありか!的とんでもな装置になってます。人工知能もついてたりしてね。いったいどういう人がこのシステムを使うつもりで開発されているのかしら。
そのセキュリティシステム側に立つのが卓也さん。彼を出し抜いてミッションをクリアしたらいよいよ待望のゲーム作りが始められるとあって、内人もしぶしぶながら創也のたくらみにのることになります。
いや、面白かったよ!
こんな手があったか、という戦略のあれこれは読んでいて楽しいし(無理があるのもあるけどね。ワカメとか)、伏線の張り方もお見事。これはそこにおとすのか、という驚きも楽しい。

番外二編とおまけ漫画はさらっと読めて笑いを誘います。

(80点。ただし必ず一巻から読んで欲しい)







ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1267-52f00045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「都会のトム&ソーヤ」の最新刊「都会のトム&ソーヤ(6)≪ぼくの家へおいで≫ 」が出ました! 早速買いましたが、最初に読んだのは娘、そのあと...
2010/08/10(火) 21:38:35 | 心に残る本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。