乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
そりゃあもちろん、面白くないわけがない。

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


なんか行動が変な両親と、高校一年生の長男・小学生の次男の年の離れた兄弟のいる花菱家。彼らがすんでいるのは、昔写真館だった家を改装したところで、そのまま「小暮写真館」の看板が上がっている。どうやらそこには以前の主人、小暮さんが幽霊となって住み着いているらしい―――。


この設定だけでもわくわくするのに、長男の英一が最初に遭遇するのは「心霊写真のいわくを探れ」とということなんですね。小暮写真館が現像したらしい写真に幽霊らしきものが映っている、看板も下ろさずにすんでいるのならあなたはこの写真館にゆかりのある人なんだろう、何とかしてくれ、と言いくるめられて写真を受け取った英一。このゆかりのあるというのがまったくの誤解名なのだけど、写真を受け取った英一はただ処分するのを良しとせずに、この写真をしかるべき人に渡そうと考える。

この英一というのがいい男で! 高校生だからまだ幼い部分はあるのだけど、礼儀作法から人との距離感まできっちりした、「育ちのよさ」を感じさせる子なのです。こういう子供が育つってことは、やってることが奇矯極まりないように見えてもここのご両親はしっかりした人なんだろうな、と思わせる説得力がある。

幽霊話は出てくるのだけど、怖がらせることが目的ではなくて、やるせなさや未練なんかを描いた人情物です。

上手いな、と思ったのはコゲパンのくだり。コゲパンというあだ名の色黒の同級生が出てくるのだけど、彼女がいじめのターゲットになってしまうあたりの心理とか秀逸で、英一が憤慨する様子なんかももっともで、なのにそこから恋愛には持っていかないのに感心した。気の合う異性の友人っているよね。

一章ごとのちいさな事件の他に、無愛想な不動産屋の女性と英一の話が全編通して書かれているのだけど、この話も上手い。安直に大団円にしないところも上手い。

この話を一冊にまとめて出してくれた講談社に感謝します。分冊されてしまったら、きっと続きが気に案って仕方なかったと思うので。

(90点! 文句なし!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
はじめまして^^
私もこの本をつい先日読みました。
最初はあまりのぶ厚さにおののきましたが、とても楽しく読み終えました。
英一、いいですね~^^*
思わずコメントさせて頂きました。
突然失礼いたしました。
2010/08/18(水) 03:05:46 | URL | houkisou [ 編集]
>houkisouさま
コメントありがとうございます。

分厚くても結構するする読めますよね。
英一は「ちゃんと育った日本人らしい日本人」な感じがします。
わが子はきっとこうは育てられないだろうなあ・・・。
2010/08/23(月) 09:48:23 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1270-ef802813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「バッカみたい」  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】花ちゃんこと英一の両親、花菱夫妻が、結婚20周年を機にマイホームを購入した。でもそれは普通の家ではなくて・・・小倉写真館、「真」ではなく「眞」という古さ小暮写眞館を舞台...
2010/10/05(火) 10:42:18 | じゅずじの旦那
管理人の承認後に表示されます
2013/01/15(火) 10:32:19 |
管理人の承認後に表示されます
2013/04/12(金) 23:41:23 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。