乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
二作目は難しいよねえ…。

エデンエデン
(2010/03)
近藤 史恵

商品詳細を見る


あれから三年―。白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に立っていた。だが、すぐさま彼は、チームの存亡を賭けた駆け引きに巻き込まれ、外からは見えないプロスポーツの深淵を知る。そしてまた惨劇が…。ここは本当に「楽園」なのだろうか?過酷なレースを走り抜けた白石誓が見出した結論とは。 (「BOOK」データベースより)


今回は謎解き要素がなく、厳しいプロスポーツの世界の話になってます。

ツールドフランスの名前は聞いたことがあるけれど、内容までは知らなかった私でもすんなり読めました。
「サクリファイス」の主人公のその後のお話ですが、ところどころににおわす描写があるだけで、この本から読んでもさほど問題はないかと思います。(でもサクリファイスから読んだ方が断然面白いと思います)

念願のプロチームでアシストとして走る白石、しかしチームは今季限りで解散が決まっている。チームの首脳は他のチームと協力することを選手に伝えているが、チーム全体のサポートを受けられなくなる可能性のあるエースはそれを知らない。監督の言うがままに他のチームのエースをサポートすべきか、それともチームとしての勝利にこだわるか…。このレースで結果を残さなければ、白石自身プロとして続けることは出来なくなるかもしれない、というぎりぎりのところでの戦い。長丁場だからこその駆け引きと、ともに走るから生まれるライバル心と連帯感。

ぎっしり内容のこもった、いい作品です。
自転車ロードレースものの小説も増えてきたように思います。

まだ続きがありそうな終わり方に期待。ミステリ要素はなくってかまいませんから。

(86点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1271-dbf0acc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「エデン」は、近藤史恵の「サクリファイス (新潮文庫)」の続編です。 自転車ロードレースの世界が舞台。「サクリファイス」では、国内戦で...
2010/08/30(月) 20:46:14 | 心に残る本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。