乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
加納朋子さん、大好きです。いかんせん寡作な作家さんなのでなかなかいいよ!って宣伝する機会もないのですが、出ている本は大概書いてるんじゃなかったかな…。ブログ始める前に読んだ本は触れてないかもしれないな…。

七人の敵がいる七人の敵がいる
(2010/06/25)
加納 朋子

商品詳細を見る


PTA、学童、教師、夫に姑、我が子まで。上司より、取引先より手強いモンスターが次から次へと現れる!?困惑、当惑、そして笑いと涙の痛快PTAエンターテインメント!(「BOOK」データベースより)


これは最初に言っておく、この本が面白いと思って読めるのは多分実際に子育てをしているお母さんだと思います。「専業主婦と兼業主婦の壁」や「学校を包む厚い壁」なんかもそうだし、総会で文書を読み上げる無駄さ加減とか、ほんとだよ! と何度思ったことか…。
もちろん全然縁がない方が読んでも、こんな世界が(今この日本に)存在するのか、っていう一種の職業小説としての面白みがあると思います。

「とにかく合理性を求めるフルタイムワーキングマザーの陽子さん」が、PTAやら自治会やらの不合理な慣習と戦って、敵を作ったり敵を作ったり敵を作ったりしつつ何とか役目を終える話、ですねえ…。
そして最初はなんだかんだ全力で戦ってきた陽子さんも、なんとか丸く収めるための手練手管を得ていったりして、あーなるほどなーこういうやり方か、と思ったりします。

(まあもっとも、良くも悪くもこれほどパワフルな人はあまりいないだろうなあ)

一章一章戦う相手が違うのもいい。義理の親だったり、子供の少年団活動だったり、学校の先生だったりするのですが、これがまたもう…もう…がっつり感情入れて読ませていただきました。

ちなみに第三章「男もたいがい、敵である」に出てくるブルドーザー呼ばわりした作家の話、ちょっと唐突な気がしたのですが、この辺は「レインレイン・ボウ」にでてきます。そうか!あの陽子さんか!と気づいたときは嬉しかった。

(90点!!)

一応、実際にPTAに参加している母親として書き添えておきますが、うちのあたりのPTAはこれほど過酷じゃないです。働く母親でも何とかなる程度しか集会がなかったりもします。(学校側で上手く手配してくれてたりする)
少年団活動も、もっと楽ですが、確かに「趣味・子供」な親が多いのは否定できない・・・。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1278-4e7bed93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/02/05(火) 16:32:18 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。