乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
おっと、日付が変わるとこだった。あぶないあぶない。

世界記憶コンクール (ミステリ・フロンティア)世界記憶コンクール (ミステリ・フロンティア)
(2009/12/11)
三木 笙子

商品詳細を見る


ある日萬朝報に載った『記憶に自信ある者求む』という求人広告。昔から見たものを瞬時に覚えてしまう力に長けた博一は、義父の勧めもあってその募集に応じ、見事採用となった。高い日給を受け取りながら、大学教授から記憶力の訓練を受けていた博一だが、あるときを境に急に教授と連絡が取れなくなり不安を覚える。そこで友人である高広に相談を持ちかけたところ、『赤髪連盟』に酷似したこの出来事に、礼が興味を示し―。(表題作・「BOOK」データベースより)


超有名絵師と、彼に「ホームズ役」を押し付けられてしまっている雑誌記者を主人公にすえた、明治が舞台の連作短編集。2冊目です。

…のはずなんですが、彼らが主役を張っている話は一つで、後は前日譚だったり番外っぽかったりしています。そのせいか、一冊通しての印象が薄い気がします。個々の短編は面白いんだけど。もう少し主人公たちの話が多くてもよかったかなー。

シリーズとして考えなければ一番好きなのは「黄金の日々」。美術学校に入学した恵がであった、外見はまるっきり外国人なのに中身が日本人そのものの、幸生。木彫りを専攻して腕は確かだが、歯にものを着せぬ物言いで敵を作ってばかりの彼。そこへ何者かがとある器を買い占めているという噂が流れてきて…。物語としてものすごく意表をつく話ではないですが、青年二人を見守る視線が優しい作品です。どうして学生時代っていうのはあれほど角つき合わせているようでいて、連帯感があるんでしょうか。男子学生たちのバカっぷりも楽しい。

(78点。はずれではないのだけど喰いたりない。1作目のほうが好き)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1279-90e880bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。