乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
どうもこのシリーズは順番に読めない運命らしい。(特に問題はありません)

天霧家事件 (創元推理文庫)天霧家事件 (創元推理文庫)
(2010/02/28)
太田 忠司

商品詳細を見る


野上の探偵事務所を訪れた女性の依頼人は、ふたりの少年が写っている古い写真を見せ、ひとりは自分の亡夫だが、夫の昔のことを知りたいので横にいる人物を捜してほしいと言う。調査を始めた野上は女性に不審を抱き、喫茶店で会うものの、近くにいたのは野上だけという状況で女性は毒殺されてしまう。俊介には明かしたくないと野上が悩んだ事件の真相とは?(「BOOK」データベースより)


今回中学生探偵であるところの主人公が不在でして(夏休み旅行)、その分アダルトな内容になっています。といっても別に濡場があるとかじゃないんですが、人間関係がどうにも…。

昔の写真を元に「この少年をさがして欲しい、名前はわからない」という依頼を受けることになった野上探偵、しかしその依頼人の女性の素性も、写真を探す理由も嘘だった。そこで「本当のことを教えてもらわなくては捜査ができない」と詰め寄ってみたところ、他に誰も彼女に触れていない状況で彼女が毒殺。この事件の真相と彼女の依頼とは関係があるのか? と調査を開始するが…。

ミステリとしては王道を歩むシリーズだと思って読んでいるのですが、まさにその通り。ここにどんでんがあるだろうな、と思ったところにやっぱり引っ掛けがありました。(でもこの読み方は楽しくないのでおすすめしない…)

今流行のミステリより若干道具立てが古いので(初刊行は十五年前)、懐かしい感触がします。トリックも、すれた読者には予想がつく範囲。でもこの話の価値は前代未聞のトリックとかではなく、人間関係の不条理さにあると思います。大金持ちの家のどろどろした人間関係の話を、絵空事じゃなく書ける貴重な作家さん。

野上探偵がかっこよかった。俊介くんがいない話もいいね。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1284-623ddf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。