乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
おお? 貫井氏単独カテゴリ作ってなかった。結構読んでると思ってたんだけど、考えてみたら年に一冊かそこいらかも。

悪党たちは千里を走る (集英社文庫)悪党たちは千里を走る (集英社文庫)
(2008/09/19)
貫井 徳郎

商品詳細を見る


しょぼい仕事で日々を暮らすお人好しの詐欺師コンビ、高杉と園部。ひょんなことから切れ者の美人同業者とチームを組むはめになり、三人で一世一代の大仕事に挑戦する。それは誰も傷つかない、とても人道的な犯罪計画だった。準備万端、すべての仕掛けは順調のはずだったが…次ぎから次ぎにどんでん返しが!息をつかせぬスピードとひねったプロット。ユーモア・ミステリの傑作長編。(「BOOK」データベースより)


悪党といってもこの話の主人公たちは「詐欺師」。それもなけなしの金を巻き上げるのではなくて、金が余ってそうなところから、少しだけまきあげる、小悪党。いつか大きい儲けを夢見ている高杉と、その子分の園部。ペットの誘拐ならまあ子供の誘拐より罪は軽いしいいかな、なんて考えていたところをその家の子供に感づかれ、進退窮まったところを「じゃあ僕を誘拐したことにして分け前をちょうだい」と持ちかけられ、なし崩しで誘拐しちゃうのか? と思っていたところ、別な犯人がその少年を誘拐したらしく、すっかり情のうつっていた高杉たちが彼を助けることに…。
坂道を転がるように犯罪にまきこまれていく主人公(でも詐欺師)という設定が面白い。
騙し騙されのコンゲーム、というにはやってることがせせこましくて、残酷なことはでてこない。なんたって、主人公が「誘拐なんて残酷極まりない犯罪には手を出さない」と言い切ってしまうような男だし。
そして被害者であるところの誘拐された少年の親も非常にせせこましくて、身代金を値切ってみたり。
人質は無事に帰ってくるのかと、真犯人は誰で何故高杉たちのことを知っているのか、という二本の謎を軸に物語が進みます。

軽い雰囲気で一気に読めて、読後感もいい、エンタメらしいエンタメ小説です。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1286-7fdb797f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 短編集『被害者は誰?』およびアンソロジー『気分は名探偵』所収「蝶番の問題」にて、名探偵・吉祥院先輩の活躍に触れて、貫井徳郎氏の描くコミカルな世界にはまった僕。貫井氏は重厚な作品も数多く書いてい...
2011/01/24(月) 01:55:22 | 闘争と逃走の道程
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。