乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本は子供の学校での読書タイム用に購入しました。親もゆっくり読んでます。

ボーイズ・ビー (幻冬舎文庫)ボーイズ・ビー (幻冬舎文庫)
(2007/10)
桂 望実

商品詳細を見る

多分ブログではきれいにでないかと思いますが、繊細な色使いの素敵な表紙です。

母親を亡くしたばかりの川畑隼人は、引っ込み思案な十二歳。ある日彼は、真っ赤なアルファロメオを乗りこなす七十歳の靴職人と出会う。だけどそいつは、かなりの偏屈ジジイ…。出会うはずのない二人。出会っても通じ合うはずのない二人。そんな彼らが、徐々に心を通わせていく。(「BOOK」データベースより)


主人公の一人が小学生で、母親をなくしたばかり。これだけでもう、辛い設定なのに、母親に頼まれたからと弟の世話を引き受ける、なのに弟は母親とはもう会えないってことをよく理解してなくて、何とかわかってもらおうと苦戦するわけです。こういうとき本当は頼りになる筈の父親は仕事に一生懸命すぎて子供のほうを向いていないし、主人公の隼人は自分も辛いのに「母さんは父さんに心配かけないでねっていってた」とか気を回しすぎるあたりがもう、いじらしくていじらしくて…。

これに対してもう一人の主人公は老人。靴職人。腕は一流なのに気難しくて、納期は約束しない、気が向かなかったら作らない、人付きあいなんかしたくない、という頑固さ。

この二人がだんだん親しくなっていく物語。しかしよくある「老人と子供」ものと一味違うのは、子供のほうが周りに気を使って自分のことを後回しにしている大人びた子供であることと、老人のほうが気の短い内面子供であることだと思います。

二人とも、上手く自分と折り合いがつかなくて、無理しているところがそっくり。

この小説の山場は、文庫本223ページころからの隼人が必死に父親を説得するあたりだと思います。
いろんな大人に知り合って、自分の話を聞いてもらって、そしてようやく自分に一番近しい、でも一番心配をかけたくない父親に話を聞いてもらおうと努力するところ。この父親も人格の練れていないバカ者で、気を回すところが違ってやきもきさせられます。こういう父親を持った子供は苦労するけど、苦労しているということが父親に伝わるだけでどれほど子供の気持ちが楽になるのか…。母としての立場から、我が子や知り合いの子の事を思い返して頷きながら読みました。

この話は「十二歳」や「夏の庭」・「西日の町」あたりがツボの私にとってはどんぴしゃ!でした。ちょっと子供向けとは違ったかもしれないなあ…。

(87点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1287-1913fda6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。