乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
うお! 一週間ぶりか?

闇の喇叭 (ミステリーYA!)闇の喇叭 (ミステリーYA!)
(2010/06/21)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

平世21年の日本。第二次世界大戦後、ソ連の支配下におかれた北海道は日本から独立。北のスパイが日本で暗躍しているのは周知の事実だ。敵は外だけとはかぎらない。地方の独立を叫ぶ組織や、徴兵忌避をする者もいる。政府は国内外に監視の目を光らせ、警察は犯罪検挙率100%を目標に掲げる。探偵行為は禁じられ、探偵狩りも激しさを増した。すべてを禁じられ、存在意義を否定された探偵に、何ができるのか。何をすべきなのか。 (「BOOK」データベースより)


有栖川有栖とミステリーYA!なら面白くないわけないじゃん、というのは私の嗜好の問題ですが。

謎解き自体も端正な、このトリックだから犯人は彼しかありえない、という非常に美しいものです。しかしこの話の肝は設定ではないかと。

第二次世界大戦の影響で、北海道が独立。日本はかろうじて天皇制を残した国体を維持しているが、締め付けのきつい、方言や外来語の使用が許されない、徴兵制度のある国に変貌しています。自由がないわけではないけれど、どこに監視の目があるか解らない、息詰まる世界。何より大きな特徴が、「探偵行為の禁止」なのです。
ミステリーで殺人事件で主人公は女子高生なのに。
しかしちゃんと謎は解けるのです、あまり後味のよろしくない形で。

そして殺人事件の謎が解けても物語は続きます。

中学生から高校生をターゲットにしたこのレーベルでこの話を書くというのは、作者も出版社も思いきったことをしたな、とも思うのですが、この社会の閉塞感、翻ってわが身の幸福、社会制度のありようについても考えさせる話なので若い人が読むのはいいことなんだろうな…。

単に面白かった、という言葉ではくくれない話でした。もっというと、このトリックが可能かどうかもどうでもいい。こういう事件が起きる土壌のある社会というものにそら恐ろしいものを感じます。すごくいろいろ考えた。いろんな人にぜひ読んで欲しい。

(88点。戦争ってなんだろうと感じました。反戦小説ともまた違うのだけど。)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1288-dec443e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。