乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
なんか新刊でてるなあ、と思ったら「古典部」だし! コレを読み落としていたとは、不覚なり。

ふたりの距離の概算ふたりの距離の概算
(2010/06/26)
米澤 穂信

商品詳細を見る


春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理する! (amazon・内容紹介より)


今回の話はマラソン大会が舞台です。
二年生になった奉太郎たち古典部と、仮入部してきた1年生。仲良くやっていたと思ったのに、急に入部しないと言い出されたため、原因を探るべく奉太郎が過去を回想します。

ああ、奉太郎変わったな、というのが第一の感想。
「やらなくてもいいことはやらない、やらなくてはならないことは手短に」といっていた頃から一年。以前の奉太郎なら、新入部員を獲得しなくてはならない理由があるわけでなし「入部しないというのなら何か理由があるんだろう」と流してしまっておかしくなかったのに、入部しない理由を考え込んでしまうあたり、誰かの影響が大きいなーとニヤニヤしました。実際、入部取り消しによって一番傷ついたのは千反田えるだろうし。

今回の話も前回同様、物語が終わる時点というのは決まっていて、「マラソン大会の終了時」がそれです。それまでにいろいろ思い起こして推理をまとめなくてはならない、この制限たっぷりな中で奉太郎の回想がまた無駄がないのです。推理の要素がぎっしり詰め込まれていて、それでいてちゃんと青春小説で楽しく読み進められて、謎解きでは「あれとあれがこうなるのか!」って驚きもたっぷりで、文句なし。ちいさな場面も読みおとせないですよ。これぞ日常の謎、という話です。すごく高度な技を、そう感じさせないくらい鮮やかに見せてもらった話というか。

学年が進むことで人間関係にも変化が生まれてくるのは当たり前なのだけど、古典部の面々も少しづつ成長してますね。
奉太郎が実にいい男に育ちつつあります。素敵。
ちゃんと、物語内の時間を進めて成長を実感させてくれることに、感謝します。

(90点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1289-c6b87b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。