乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
合掌。

暁英 贋説・鹿鳴館暁英 贋説・鹿鳴館
(2010/04/16)
北森鴻

商品詳細を見る


明治十年、日本政府に雇い入れられた若き英国人建築家―のちの鹿鳴館建造担当者―ジョサイア・コンドルは、横浜港に降り立ち、外務卿井上馨らと対面する。工部大学校造家学科教授兼工部省営繕局顧問としてのコンドルの多忙な日々が始まった。一方でコンドルは、来日の仲介をした国際商社ジャーデン・マセソン社から、ある密命を帯びていた。それは、銀座煉瓦街の設計を担当した後に忽然と姿を消した、ウォートルスというアイルランド人建築技術者の消息を調べることだった。コンドルはやがて、時代が大きく動く際に必然的に生じる、濃くて深い闇の中に、自分が足を踏み入れてしまったことを知る―。(「BOOK」データベースより抜粋)


傑作なのである。
口惜しいことに。

鹿鳴館を設計したコンドルが来日した時点から物語は始まります。コンドルが出会ったであろう幾多の日本人とのエピソードを交えつつ、鹿鳴館の謎の部分にスポットを当ててゆくつくり。
当時流行していたコレラや、日本中あちこちでくすぶっていた旧侍たちの行動、日本が近代化を成し遂げるために軋みをあげながら駆け足で進んでいく様子。綿密に計算されて書かれた、時代小説です。鹿鳴館についての予備知識がほとんどなくても、書かれている濃密な人間関係にうっとりしながら読めました。

なのにこの小説、「作中作」なのです。駆け出しの作家津本が、あちこちから「鹿鳴館」についての資料を集める間に驚愕の発見をし、書き出した小説という設定。この冒頭部分も魅力的な謎がたくさんちりばめられていて、答えを知りたいと思わせるものです。思わせぶりにでてくる海波潤一郎の真意とか。

しかしその望みはかないません。
北森氏が旅立ってしまったから。

神様はどうして、彼にこの作品を完結させるだけの時間を与えてくれなかったのか。
おそらく、彼の代表作となる大傑作になったに違いないのに。

(採点はやめておきましょう)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1296-5bd54d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。