乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前に 2 昼下がりに読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-12)金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前に 2 昼下がりに読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-12)
(2009/03/10)
あさの あつこ芦原 すなお

商品詳細を見る


翻訳・書評活動で日本に「ヤングアダルト=YA」を根づかせた第一人者・金原瑞人が選んだ傑作9編に、作家・三浦しをんが日本文学から選んだおすすめの名作1編をくわえた、YAアンソロジーの決定版!!(「BOOK」データベースより)


いや、一筋縄でいかない本ですよ。

今まで児童書のくくりに入れられていた作品とか、逆に一般書になっていた話、出版社がいまいちメジャーじゃないため知名度が低い話なんかが多く収録されているシリーズなんですが、中でも今回のこれは迫力がある気がします。

特によかったのが!
川島誠「愛生園」。
施設で育つ育つ3人の子供。彼らがかわるがわるに語る形式です。決して感情豊かではないのだけれど、背後にあるあれこれを想像すると叫びたくなるような感じがします。親がいなくて施設にいる子供もいれば、親から虐待を受けて施設に逃げ込んだ子供もいる。「幸せ」ってなんだろう、子供ってなんだろう、と思いました。
短編なのに、読めば読むほど考えさせられる。
子供たちがみんな、幸せだったらいいのに。

子供の学校生活のあれこれのほかに、ちょっと怖い話も混じっているのが印象的でした。

(80点。他のアンソロジーとは一味違うんだな)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
結構好きな本がかぶっていて嬉しくなりました。好きな本のところでコメントを…と思ったのですが、どこにコメントを書き始めていいやら悩んでしまいました。私は好きな作家が偏っているので、たまに読みたい本がなくなってしまう時があります。そんな時に千砂さんが読んだ本を参考にさせていただこうと思いました。

ちなみに、乃南アサさん好きですね~。音道貴子シリーズは私も大好きです。
千砂さんのお好みではないのかな?谷村志穂の余命や海猫も私は好きです。

また、遊びに来ます♪
2010/10/24(日) 22:45:00 | URL | kanon [ 編集]
>kanonさま
コメントありがとうございます!

乃南さんは大好きです、特に「凍える牙」が一番です。
谷村志穂さんは存在を知ったときにはもうたくさん本を出されていて、
どこから手を出していいのか解らず未読のままなのですが
今度読んでみます。

どうぞこれからもよろしく。
2010/10/24(日) 23:22:22 | URL | 千砂 [ 編集]
凍える牙
いいですよねぇ~。
あと、窓と鍵も好きですね。
聴覚障害に思い入れがあるかもしれないですけど、ものすごく聴覚障害のことがわかっていらっしゃるなぁ、と思いました。
2010/10/25(月) 07:05:15 | URL | kanon [ 編集]
>kanonさま
窓と鍵もいいですね!
ああいう障害について触れるはなしって作者側も書きにくいんじゃないかと思うんですけど、
変に同情的な書き方じゃなかったのがよかったなと思いました。
2010/10/26(火) 23:35:09 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1299-64902545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。