乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
普通だからこそ面白い小説ってあります。

ダリアの笑顔ダリアの笑顔
(2010/07/17)
椰月 美智子

商品詳細を見る


自信満々の別の自分を空想する長女・真美。友人たちと揺れる40代を惑う母・春子。転校生にピッチャーの座を奪われそうな長男・健介。係長なのに全然やる気の出ない父・明弘。四人家族の綿貫さんち、それぞれの悩みや不安の日々から生まれる、ささやかだけれど大切なもの。どこか懐かしくて元気が出る、あなたと同じ普通の家族の光り輝く物語。(「BOOK」データベースより)


第一章目の主人公は真美。家を建てるために働きに出るようになったお母さんのために、あれこれ頑張ってる子です。たとえば、お母さんが帰ってこない、お米は炊いた、朝の残りのおかずが一人分だけあるから弟に食べさせて、私は納豆ご飯でも食べようっと…という場面があります。いじらしいよね。しっかりしてるよね、まだ小学生なのに。でもこういう気持ちをまっすぐ汲んであげられる母ばかりとは限らないのです。痛々しいくらい健気。
なーんにも得意なことがなくて、いつも怒られてばかり、と自分のことを卑下しているこの子が、とあることをきっかけに自分を好きになっていきます。きっかけについては読んでください、母親っていいなと思えます。…この展開は心温まるものなのですが、私はてっきりもっと大変なトラブルを招くのかとひやひやしながら読みました。

捨てるなよ、そんな大切なもの…。

二章目からは母、弟、父が交代に語っていく話です。どうやら無事に家は買えたみたいです。お姉ちゃんもちょっと元気に練ってて喜ばしい。

確かにどこにでもありそうな平凡な一家の話なのだけど、それぞれのエピソードはきらきらしています。大人になっても女の子の部分って残ってるよね。こういう話を魅力的に書ける作家さんって素敵だなあ。

しかしなんだかんだいってもやはりおねえちゃんの章が一番好きでした。

(85点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1300-2f0a2fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
自信満々の別の自分を空想する長女・真美。友人たちと揺れる40代を惑う母・春子。転校生にピッチャーの座を奪われそうな長男・健介。係長なのに全然やる気の出ない父・明弘。四人家族の綿貫さんち、それぞれ...
2011/05/15(日) 02:02:54 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。