乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
感想を書き上げてから某所の書評を読む習慣なのです。私がよいと感じた本を酷評している人がいると、気になって他のレビューも見に行ったりするのですが、やっぱり逆の感想を持っていることが多い気がします。万人に受ける物語はない、と実感するときです。

スコーレNo.4スコーレNo.4
(2007/01/20)
宮下 奈都

商品詳細を見る


どうしても忘れられないもの、拘ってしまうもの、深く愛してしまうもの。そういうものこそが扉になる―。ひとりの女性への道のりを描く書下ろし長編小説。 (「BOOK」データベースより)


アンソロジーで短編を読んだことがあるっきりの作家さんなので、それほど期待していたわけじゃないのですが、これは大当たりでした!

自分よりかわいい妹と常に比べられて育った麻子。
自分には妹のようなかわいげはない、妹のように激しく何かを愛する気持ちはない。自分には何かが欠けていると感じながら成長していく女の子。

初めての恋、二度目の恋、なんとなく就職してしまった職場、そこで出会った人たち。自分に自信がないからの回り道。もう少しだけ貪欲であったなら、手に入ったかもしれないもの。
自分で思っているほど麻子は無能な女性ではない。それでも小さいころからすりこまれた「妹のような生き方は出来ない」という思いが彼女を卑屈にさせる。

自分を認めてくれる人にであったり、責任のある仕事を任されたりして少しずつ成長していく彼女の様子が細やかに描かれていて、胸がつまる思いをしたのも一箇所や二箇所ではない。
そして最終章で、「長い迷路をさまよっていた」と言えてしまう麻子。妹の姿を見て、彼女もきっと彼女の迷路を歩いていたのだと考える場面なんかもう、泣きそうになりました。

自分を愛してあげられる、自分を認めてあげられる、たったそれだけのことが時にはこれだけ難しい。

心震える繊細なお話です。いい本にめぐり合えました。

(90点)女の子に。そして、かつて女の子だった人に。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
こんばんは~。
まだ感想書いていませんが、私もこの本大好きです!とくに靴屋さんで働くあたりがいいですねえ。

宮下奈都さんの本、「太陽のスープ、豆のパスタ」も良かったですよお。
2010/11/08(月) 21:16:24 | URL | 牛くんの母 [ 編集]
>牛くんの母さま
そう! 靴屋の場面いいですよね。
何故そこで自信を持たないんだ!と歯がゆいのも含めて、
自分に自信がないまま育ってしまった人は本当に自分を認めるのが難しい、と
しみじみ考えさせられる場面でした…。

「太陽~」探してみます!

2010/11/11(木) 16:50:05 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1306-c145ab20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。