乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これこれ! こういうのが読みたかったのよ。

ニサッタ、ニサッタニサッタ、ニサッタ
(2009/10/21)
乃南 アサ

商品詳細を見る


最初の会社を勢いで辞め、二番目の会社が突然倒産し、派遣先をたて続けにしくじったときでも、住む場所さえなくすことになるなんて、思ってもみなかった。ネットカフェで夜を過ごすいま、日雇いの賃金では、敷金・礼金の三十万円が、どうしても貯められない。失敗を許さない現代社会でいったん失った「明日」をもう一度取り返すまでの物語。 (「BOOK」データベースより)


最初の会社を辞めてしまったのは甘え、でもすぐ次の会社に就職したところはまだよかった。ふたつめの会社が倒産してからの、派遣社員すら勤まらないだめっぷりのリアルさに、泣けた。
働く意思がないわけでもない、働かなくては食べていけない自覚もある、でも「どうせなら体力を使わずに」「清潔な職場で」「嫌な思いをせずに」働きたいと思っていて、希望の職種じゃないから、派遣だと思って正社員のやつらがバカにするから、と次々に仕事をやめてしまう。何とか続きそうな仕事を見つけても、自分の不注意でそのチャンスを逃してしまい、気付くと住む家もなくし、クレジットに手を出し、それももう首が回らないくらいの額に膨れ上がり、もう本当ににっちもさっちもいかなくなってしまう…。

というところから、再生する主人公・耕平。

日雇いでも短期でも住み込みがあるのなら何とか働き、母親に心配をかけないために利息だけでも返済しようとする耕平がたどり着いたのは新聞店の住み込み。借金を一括で返してもらって、月々の給料から天引きで返すという契約。借金を返し終わるまではと、劣悪な環境でも、感情を殺して何とか何とか働き続けるのです。
ここの仕事が彼を変えたね。なんだかんだいっても借金踏み倒して逃げようとしないあたりが偉い。さらにこの段になってもまだ、親に心配かけないように、って気遣う気持ちもある。

作者のすごいところは、ここで改心したからもう安心だよね! っていう風に話を持っていかないこと、なのです。
ちょっとした油断からまた失敗することはある。それも、順調な生活で勢いがついてたから大きくなってしまった失敗を。
脇が甘いというか隙があるというか、どうも頼りない主人公なのです。

でも人間っていうのはそういうものかもしれない、前進してつまずいて、ちょっと戻ったところからまたやり直して、ちょっとずつしっかりしていく。
なかなか失敗した後に復帰するのが難しい社会だけど、それでも道はある。

最後が寝坊からはじまるエピソードなのもいい。冒頭でも寝坊の場面は出てくるけど、まるで別人。
成長したなあ、としみじみ。

(89点!)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
出版されてすぐに読んだときは、う~む…あまりにリアルすぎて…なのかな。読んで晴れ晴れ!という本ではなかったと思うけれども、さすが乃南さん、と思った憶えはあります。
もう一度読んでみようかな。
2010/11/12(金) 22:17:30 | URL | kanon [ 編集]
>kanonさま
そうですね、
読んで「ああ面白かった」で終わる話ではないと思います。
現実に非常に近いところで書かれている話なので、
読んで辛い思いをする人もいると思います。

私は安易に大団円にしない、上手くいったかと思ったらまた躓くあたり、
乃南さんの人間描写の上手さを感じましたが。
2010/11/15(月) 22:47:24 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1307-f0468c7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。