乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
少し間が開いてしまいましたが、ようやくパソコンに向う時間が確保できそう。

遊戯 (講談社文庫)遊戯 (講談社文庫)
(2009/05/15)
藤原 伊織

商品詳細を見る



「現実とネットの関係は、銃を撃つのに似ている」。ネットの対戦ゲームで知り合った本間とみのり。初対面のその日、本間が打ち明けたのは、子どもの頃の忌まわしい記憶と父の遺した拳銃のことだった。二人を監視する自転車に乗った男。そして銃に残された種類の違う弾丸。急逝した著者が考えていた真相は。 (「BOOK」データベースより)


遺作です。
一章ずつ発表された長編小説、といった感じ。

ゲームサイトで知り合った30代男性と、20代女性。
男性は実母との関係が思わしくなく、一人暮らし。父の遺品となる拳銃を隠し持っている。全体に少しすすけた感じの男の人です。
対する女性は積極的で、エネルギーにあふれている感じ。モデル事務所に所属し、でも「モデルとして生活できるわけがない、普通の仕事に就かないと」と考える現実性があり、少しだけ型破りのところが好印象な感じ。
この二人が知り合って、事件が起こって…というところでこの話は終わっています。
未完です。
現れた自転車の男は何者か、父の持っていた拳銃にはどういった意図があるのか、二人の関係はどう発展していくのか、続きが気になるところなのですが、もう続きが書かれることはありません。

残念です。

最後に収められている「オルゴール」は切ない中編で素敵でした。

(点数をつける話ではないかと)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1309-1289fe4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。