乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
これはちょっと前に読んだ本。

薔薇を拒む薔薇を拒む
(2010/05/27)
近藤 史恵

商品詳細を見る


施設で育った内気な少年・博人は、進学への援助を得るため、同い年の樋野と陸の孤島にある屋敷で働き始めた。整った容姿の樋野には壮絶な過去が。博人は令嬢の小夜に恋心を抱くが、陰惨な事件で穏やかだった生活は一変する。それは悪意が渦巻く屋敷で始まる、悲劇の序章に過ぎなかった―。(「BOOK」データベースより)


人里離れた豪邸で、見目麗しい使用人と深窓の令嬢の恋――といえばロマンがあるけどそれが誰かに仕組まれたものだったらどうでしょう? その使用人は3年ここで働くことでその後の大学進学に係る費用すべてと生活費を受け取れるという契約をしていたら? それだけの費用を出してまで何を計画しているというのか? 契約主の一家の主人と娘の小夜には血のつながりがないというのに?

閉鎖空間の中での凝縮された人間関係の根底に、これだけの疑問が横たわっています。

使用人であるところの主人公鈴原と、同僚の樋野はともに孤児で、何かが起こったとしても親身になって頼れる人というものはなく、この仕事は好条件がそろっているわけですが、そこに裏を感じてうすら怖くなってしまうのも人間の性。
しかし青年にとって裏を疑っていても恋心を持つことは止められないのです。

陸の孤島といっていいお屋敷で、どんどん煮詰まっていく人間関係は、後に悲劇を生みます。

最後のカタルシスに結びつく場面がちょっと急展開な印象がありましたが、これだけねっとりとした人間関係を書いてくれれば文句なし。主人公の青年が「いい人」だけどなんとなく「哀れに見える」というのも設定の妙ですね。

一編の映画を見ているような印象でした。

(80点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1313-b8d845dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
近藤史恵の「薔薇を拒む」を読みました。 身寄りのない少年が、実業家の家族の静養先で3年間住み込みで働けば、その後大学の学費と生活費の援助をしてもらえる、という話に乗って、山奥の洋館に向かう。電...
2010/12/07(火) 20:56:26 | 心に残る本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。