乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ミステリフロンティアの薄青色の背表紙を見ると手にとってしまうんですよねえ…。

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
(2010/02/24)
梓崎 優

商品詳細を見る

砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。選考委員を驚嘆させた第五回ミステリーズ!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を巻頭に据え、美しいラストまで一瀉千里に突き進む驚異の連作推理誕生。(「BOOK」データベースより)


「ミステリーズ!新人賞」受賞作を冒頭においた連作短編集。この「砂漠を走る船の道」を読んだときも、こんな本格魂がある新人がまだいるのかと感じたものですが、まとめて読んでみるとまた圧巻ですね。

世界中を旅する斉木という男を主人公にすえた話ですが、まさに「この国」「この土地」だからこそ成立しうるミステリなのです。特に「砂漠~」の殺人事件の動機! こういう切り口のミステリもあったのか、としみじみ感心しました。謎が隠されているけど文章としてはフェア、というのも好きです。
そして何より最後の情景が美しい。着地が上手いミステリというのはそれだけで好印象です。

一つだけばたばたっとした印象の話があるのが残念。他のは「そうだったのか!」なのにそれだか「そんなんあり?」な印象なんですね。
「叫び」とか本当に衝撃的な作品なのに。息抜きなのかしらん。

でもぜひこの方にはこの路線で書き続けていただきたい。今後に期待、の一冊です。

(76点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1314-f85e2b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)梓崎 優東京創元社 今回は、梓崎優『叫びと祈り』を紹介します。うーん、どの話も読み進めるのがすごく苦痛な作品でした。つかみが長すぎて、話にまったくはまらなかったですね。文章のだらだら感が好みじゃないかな。これはミステリ...
2011/05/28(土) 17:28:43 | itchy1976の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。