乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
予定より若干遅れましたが、皆様今年もよろしくお願いします。

都会のトム&ソーヤ(7)《怪人は夢に舞う 〈理論編〉》 (YA!ENTERTAINMENT)都会のトム&ソーヤ(7)《怪人は夢に舞う 〈理論編〉》 (YA!ENTERTAINMENT)
(2009/11/28)
はやみね かおる、にし けいこ 他

商品詳細を見る


この世界を救うため、怪人を夢の世界まで追いかける―。そんな「究極のゲーム」をついに作りはじめる、内人と創也。しかしそこへ、謎の「ピエロ」からの不吉なメッセージが…。 (「BOOK」データベースより)


このシリーズがもう、読むたびに「究極のゲームといったってもともとの能力が高い人しかクリア出来ないゲームははたして良ゲームか?」と考えてしまうのですが、今回の作品は「プレイヤーが『彼らだったら』」という地点から語られていくのでまあいいかな。それぞれのプレイヤーに対してクエストの難易度を変えていくだけのまめさがあるのであれば、ゲームとしては成立するのかもしれない…(でも商業的には成立しないよなー)。
こういうゲームは主催側がどれだけプレイヤーの行動を読めるかにかかってくるので、相性のいいプレイヤーと主催って言うのはあるし、前巻のあれだってプレイヤーが違う人だったら楽しめないと思うんだよねえ…。
元TRPGプレイヤーの戯言ですが。

今回の作品では、いよいよ内人と創也のチームがゲーム制作に動き出します。まだ企画段階ですけど、細かいことを煮詰める段階まで進んできます。
しかも創也が宣伝媒体に選んだのがラジオ! その出演者がまた一癖も二癖もある落語家! 予想の上を行く展開でした。しかもそこに「プランナ」の影もちらついてきて、栗井栄太たちと三つ巴の腹の探りあいになって行きます。ゲームを作る際のアイディアの煮詰め方が少し甘いかなーと思うのですが、実践編でもう一ひねりしてくれるのではないかと期待。ミステリ的な騙しもきっちり入れてくれて、満足の一冊です。

この話は後半の「実践編」に続いています。どうやら実際にプレイされるみたいです。
期待して読みたいと思います。

(点数は実践編の後で)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1319-3dc2651a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。