乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
臨時収入があったので(貸してたお金が返ってきただけともいう…)なんとなく読んだことのない人の本を読もうと思い立ったのですが。これが大当たり。

チーム (実業之日本社文庫)チーム (実業之日本社文庫)
(2010/12/04)
堂場 瞬一

商品詳細を見る


箱根駅伝といえばお正月2・3日にテレビ中継される大学対抗の駅伝。マンガや小説の題材になっているものもありますね。しかしこの作品が他と違うところは「学生選抜」チームを主役にすえているところ、なのです。
チームとして箱根には出られない、しかし予選会でいいタイムを出した個人を抜擢して、一つのチームとしてたすきをつなごうというのです。
タイムから見ても個人の能力は高いのですが、なかなか「チーム」としてまとまるのは難しい、何のために襷をつなぐのかモチベーションの維持が難しいチーム。

主人公の浦は昨年の自分の不調がもとで所属チームのシード権をなくしてしまったことを悔いている青年。そこへ選抜の話が届く。個人で箱根に出ることをチームのみんなは裏切りだと感じないだろうか…。この葛藤から物語が始まるところにほれました。

そしてこのチームの監督もいい。陸上会の名伯楽といわれ、何人もの名選手を送り出してきたが、自分のチームを率いて箱根にでたことはない。引退のこの年も予選会に挑んだが数秒差で出場できない。そこへ舞い込んだ選抜チームの監督。この寄せ集めのメンバーをどう率いて成績を残すか…。
この監督は本当にいい監督なのですが、箱根を走らせた経験がないということがどれだけのプレッシャーなのか。

チームの中も一枚岩ではなく、天才だからこそ他と馴れ合わない性格的に難がある人もいます。
キャプテンを負かされることになってしまった浦がどうやって彼らを纏め上げるのか。
彼らはどんな思いをこめて襷をつなぐのか。

後半のレース部分も、経験が足りなくて失敗する選手あり、悪天候に泣かされる選手あり、さまざまな思いをこめて繋がっていく襷。
臨場感たっぷりながらもテンポのいい文章で、読ませてくれます。

故障しない選手がいい選手、とか考えさせられる台詞もたくさん。
いい小説でした!

(90点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
千砂さんが90点を出すなら、と読んでみました。
一気に読めましたね。
ちょうど、この本を図書館に返した翌日に、息子が東京駅伝の期間限定チームに入ることになり、しかもその結団式で一言述べることにもなり…。
何を言ったらいいんだろう?という息子に、うーん、なんかはじめてメンバーが一堂に会したときに浦がいいこと言ってたような…と脳みそをひっくり返してみたものの思いつかず。
ま~、でも、寄せ集めチームの結団ってムズカシイわね、としみじみ思ったのでした。
2011/01/21(金) 12:13:28 | URL | かのん [ 編集]
参考になりました!
こんにちは。初めてコメントさせて
いただきます。

圧倒的な読書量に、ビックリしています。そして感想をすぐにわかりやすく文章されていて、とても参考に
なります。

自分は40過ぎて、すっかり読書量が
落ちたのですが、それでも何か本を
読んでいないと落ち着きません。

いい年したオヤジですが、「一瞬の
風になれ」「ダイブ」「船に乗れ」
といった青春ものや伊坂さんの作品などが最近の好みです。

堂場さんの本も、ついこの間「大逆転」を読み、まずまずだったので、
「チーム」も読んでみようと思って
いたところでした。とても参考に
なりました。

これからも時々参考にさせていただきます。失礼しました。
2011/06/25(土) 10:57:20 | URL | 特急ひばり [ 編集]
Re: 参考になりました!
コメントありがとうございます。
最近すっかり更新が滞っていて申し訳ありません。

よろしかったらぜひまたいらしてくださいね。
2011/07/17(日) 20:19:28 | URL | 佐々木さん [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1320-caa5ecc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。