乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
この本は絶対、シリーズ一作目から読むべき。

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴンオール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
(2010/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


下町の老舗古書店“東京バンドワゴン”に舞い込む古本と謎を、四世代のワケあり大家族・堀田家が家訓に従い解決する。ページが増える百物語の和とじ本、店の前に置き去りにされた捨て猫ならぬ猫の本…。不可思議な事件に潜む「あの人の想い」とは?(「BOOK」データベースより)

いつもの堀田家のいつもの出来事。
でも「町の大家族の古本屋さん」の話からは少しずれてきちゃったかなー。ちょっと話が大きいところで動いています。東京バンドワゴン開業秘話なんかは典型で、過去の因縁話とも絡んできますから、今までの作品は読んでからの方が面白いかな。

とかいいつつ、面白かったのはお店の前におかれていた「捨て猫」のエピソード。
箱を開けてみたらでてきたのは「吾輩は猫である」「三毛猫ホームズ」「ノラや」などの猫がキーワードになっている本。数日後、再び置かれていたのは「捨て犬」と書かれた箱。しかも一つ目の箱とは筆跡が違って…。
この謎は比較的すんなり解けるのだけど、仕組んだ人たちの気持ちを考えたらほほえましくて嬉しくなっちゃいました。その後の解決策もさすが堀田家といった感じ。
みんながみんな元気なわけでもなくて、自分の未来に思いをはせる青少年がいたり、子供の発育を心配するお母さんがいたり、体調に問題があったりもするのですが、

それでも愛があれば何とかなるのです!

というテーマの話。ラストの場面はほろりとしました。研人の小学校卒業式の話ですよ。

続間にも期待。この話のいいところは登場人物もちゃんと年をとるところだと思います。
でもその前に最初から読み直そうっと。
(87点)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

テーマ:本読みの記録 - ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1321-c6bb1b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。