乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
何冊かまとめて読んだので数日続けて更新できそう。

NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
(2011/06/14)
あさの あつこ、影山 徹 他

商品詳細を見る



待望の完結巻。

んんんんんんん~~~~~
うーん、うーん、やりたかったことも狙ったこともわかるのだけど、正直どうかなあ。

矯正施設から脱出したネズミと紫苑、待っていたイヌカシたち、騒乱のただなかにあるNO.6。巻き込まれる市民たち。明かされるネズミの過去。そして近づくNO.6崩壊の時。
盛りだくさんですよ?

その割に盛り上がってない気がするんですよね。
ネズミを病院に運び込んだ時の緊迫した空気はさすがだと思って読んだんですが、その後がいただけない。
一介の本読みがプロ作家に言うには生意気だけど、言わせていただこう。
あさの氏は、「その場全体の空気」を書くのが不得手ではないのだろうか。

主人公たちに感情移入して読む分には引っ掛かりは少ないだろう。こんな大変なことが次々と!だ。そこにはたっぷり紙幅をとって語ってくれている。
その割に、同じく傷ついているはずの「市民たち」はどうだ? 彼らが何を見て何を感じたのか。そこを語っていただけないから、これだけのテーマが私の心を打たない。
主人公だけが活躍して物語が終わるのか。

「ゆがんだ世界の終りと始まり」がテーマなのだ、と思いながら読んだのに。

ネズミと紫苑にほれ込んでこの物語を読んでいる方には、十分満足できる作品になっていると思う。
銃で撃たれたネズミがその後どうなるのか。
紫苑との危うい関係はどう発展するのか。
紫苑は母のもとに帰れるのか。
こう来たか! 的な展開が待っています。

ラストは少し駆け足だけど。

(点数は…つけるとえらく辛くなってしまうのでつけません。長い間読み続けてきた作品として、感想だけ)



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/1330-0e8551cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。