乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
ええと、基本的にこのブログには自分で読んで面白かった本、読んでよかった本を書こうと思ってます。で、この本を書こうかどうかとえらく迷ったんですが、やはり無視して通れない気がするので書くことにする。



誰か ----Somebody誰か ----Somebody
価格:¥ 1,600(税込)
発売日:2003-11-13

宮部みゆき 実業之日本社

と、前段で判ると思うんだけど、この本、正直面白くなかったです。宮部ファンの方には悪いけど。(私もファンだけど)

今多コンツェルンの会長の運転手が自転車に轢かれて死亡。会長の娘婿である主人公が、運転手の遺族2人の相談相手に指定され、事故の真相と、運転手の過去を調べ始める…。


読んだ感想は、まず第一に、ずいぶんレトロな香りがしないかい?といったもの。昭和の匂いがするというか…。携帯電話の着信音指定が出てくるところをみても、最近の話だというのはわかるんだけど、主人公の年代がいまいち特定できないという感じ。

第二に、ずいぶん早々にネタ割れしちゃうなあ、と思った。あまり先読みしながら読んでない自覚がある私が、半分くらい読んだところで「ひょっとして…」と思ったところに着地したし。

面白くない、ではなく、物足りない、なんだと思う。あまりに小粒な話。

前後して出た「あかんべえ」や「日暮し」、「ブレイブストーリー」や「ドリームバスター」が面白かったところをみると、もう彼女の適性は現代物にはないんじゃないかしら。それともこの長さが半端なのか。読んだ私が期待しすぎていたのかも。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/162-fb182659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。