乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ

あさの氏が最近一般向けの本ばかり出してるんで、忘れられてないかなーと心配していた本。やっとでました。

NO.6(#5) NO.6(#5)
価格:¥ 998(税込)
発売日:2006-09-12

あさのあつこ 講談社YA!

「NO.6」という名の都市。エリートとして約束された将来を持つ紫苑は、雨の日に一人の少年を保護したことからエリートの資格を剥奪され、下級層の住む地域へ。それから3年、平穏に過ごしていたはずの紫苑。ところが正体不明の事件に巻き込まれ、市の管理下から逃げ出す。少年との再会。完全な街だと信じていNO.6に見え隠れするほころび。陰謀が、この町で進行しているらしい…。

近未来SF、でいいのかな。壁の中で悪いことをたくらむ大人、そんなことはかけらも知らず暮らす普通の人々、壁の外で生きていくのに必死な、善悪を考えている余裕などない人達、その仲間入りをしなければならなかった主人公、主人公に思い入れはあるものの、こんな都市をいつか破壊してやると決意している少年。

正直に言う。一巻が一番面白かった。これから何が起こるの? みたいな期待感が。

今回は…、ストーリーを進めることよりも、酷薄さ、残酷さ、そういうものを実感させる為の書き込みが多くて、必要性は感じるが、面白かった、と手放しでいえるものではない。ジャンプの為の助走段階。

しかし、ナチュラルなのか、狙ってるのか、もともとそういう資質の持ち主なのか、今回やたらとBLファンが喜ぶ描写、多くないですか~? バッテリーも時々そうだけど。

この本、来年、講談社文庫で出るそうです。装丁、好きだったんで、よいところを生かしてくれるつくりになるといいなと思います。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/182-4ac5a60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。