乱読にもほどがあるッ!
趣味? 読書です。毎日欠かさず本を読む、グータラ主婦の読書記録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
λに歯がない λに歯がない
価格:¥ 924(税込)
発売日:2006-09-06

講談社ノベルズ

今回暴言ありありです!

内容紹介については今回はさくっとカット。

ええと、森氏について、私にはあまり思い入れがない。他とは違う作品を書く人だな、とは思うけど、出たらすぐ読むとかいう積極的な読者ではない。(ので、半年近く前に出た本を今頃読んでたりする)

で、感想。

これ、面白いですか?

少なくともこれ一冊読んで面白い本だとは思えない。既刊本のキャラクターに愛のある人じゃなければ。伏線を張っているのであろうと思われる箇所が随所にあるんで、多分シリーズが終わるころには腑に落ちるだろうと思うのだけど。

講談社ノベルスとしてはすかすかの活字の組み方も気になるし、そのくせ値段は一人前。それでも読む人がいるから出るんだろうけど、商売上手なのは作者か出版社か。

あちこちで書評を拾い読みした感じでは、最新刊はもう少し評価が高いらしい。それを読んでも面白くなかったら、もう森氏の本は読まないかもしれない。




ランキング参加してます。 にほんブログ村 本ブログへ 人気blogランキングへ
コメント
この記事へのコメント
こんばんはペンギンです。
パチパチパチ(拍手の音)。あなたは正しい。多分誰もが思っているのに何故か口に出来ないでいることをハッキリと言っていると思います。
欲しくもないのに何故か買ってしまう食玩のようなものなのかも(それは私のことなのですが)。
2007/01/18(木) 20:13:12 | URL | ペンギン店長 [ 編集]
ペンギン店長様。
温かいお言葉ありがとうございます。
もちろん解る人だけ解ればいいって言う本もありだとは思うんですけど、この本でそれはどうかと思うんですよね。
ある種の同人誌みたいだな~と…。
(作者の頭の中にはあるけれど本編からはみ出してしまった話を、商業ベース外で出した同人誌)
しかし、なんだかんだ言って新刊が出てると目を留めるし、読んでしまうんで、ここまであしざまに言うことはなかったかもしれません。
やっぱり「F」の衝撃が忘れられないのかも
2007/01/19(金) 09:05:41 | URL | 千砂 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sensa.blog121.fc2.com/tb.php/234-2c3ab771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。